red-letterとは?日本語訳されていないジャスミンの表現

劇団四季ミュージカル『アラジン(Aladdin)』より「新しい世界 – ア・ホール・ニュー・ワールド(A Whole New World)」の英語歌詞を見てみると、ジャスミンが歌っているパートに “red-letter” という単語があります。

赤い手紙?赤い文字?これは一体どう意味なのでしょうか

Music from the Musical

・作品名:アラジン(Aladdin)

・曲名:新しい世界 – ア・ホール・ニュー・ワールドA Whole New World

・楽譜:A Whole New World

・訳詞:高橋知伽江(作詞:Tim Rice)

アルバムを視聴/楽譜 ・アルバム(日本語):アラジン
・アルバム(英語):Aladdin
・楽譜:

 

歌詞のおさらい

 

今回注目して頂きたいのは、次のフレーズです。

 

ALLADIN:
A whole new world

PRINCESS JASMINE:
(Every turn a surprise)

ALLADIN:
With new horizons to pursue

PRINCESS JASMINE:
(Every moment, red letter)

―ブロードウェイミュージカル “Aladdin” より “A Whole New World” (作詞:Tim Rice)

 

劇団四季の歌詞ではこのように歌われていますね。

 

自由よ( 目を開いて)
流れ星みたい( よく見てごらん)

―劇団四季ミュージカル 『アラジン』 より 「新しい世界 – ア・ホール・ニュー・ワールド」(訳詞:高橋知伽江)

 

アラジンと重なるように歌うところがとても美しいシーンです。

英語では、4行目に “red-letter” というフレーズがあります。

“Every moment, red-letter” とありますから「一瞬一瞬が “red-letter” だ」と歌っているのですが、「赤い手紙」も「赤い文字」も何だか変ですよね…?

これはどう解釈したら良いのでしょうか?

 

red-letter=記念日

 

宮殿を魔法の絨毯でアラジンと抜け出したジャスミンは、今まで見たことのない新しい世界を目にします。

その興奮は “every turn a surprise(一瞬一瞬が驚きの連続)” という歌詞からも伺えますね。

そんな興奮をジャスミンが表現しているのが “red-letter” なのですが、2つの単語の間にハイフンを入れなければ

 

・ red letter … 赤い手紙、赤い文字

 

という意味になります。しかしハイフンを入れることで1つの単語になるので、ここは、

 

・ red-letter … 赤色の文字

 

という風なニュアンスになるんですね。それで、これがどういう意味を示すかというと…

 

・ red-letter … 赤色の文字 = 記念日

 

なんです!

あなたにとって特別な日、カレンダーのその日にちの色は何色になりますか?例えば祝日、結婚記念日、デートの日…きっと赤色になるでしょう

つまり、今、アラジンと過ごしているこの一瞬一瞬が、ジャスミンにとっては「記念日のよう」なんですね。

ですから “every moment, red-letter” では「一瞬一瞬が記念日のようよ」と歌っているのです。

なんとも可愛らしい表現に、ため息さえ出てしまいます。ジャスミンの嬉しさ、喜び、幸せがつまっている1語なので、是非覚えて下さいね!

 

新しい世界 – ア・ホール・ニュー・ワールド(A Whole New World)」の、他の記事はこちらから。


『アラジン』 解説・考察トップ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください