泥棒のアラジンは、英語で何と呼ばれている?

劇団四季ミュージカル『アラジン(Aladdin)』より “One Jump Ahead(逃げ足なら負けない)” の英語歌詞を見てみると、パンを盗んだアラジンに対して、衛兵たちが色々な呼び方でアラジンを呼んでいることが分かります。

英語版では一体どんな風に呼ばれているのでしょうか?

【ブロードウェイミュージカル『Aladdin』/ “One Jump Ahead” /作詞:Tim Rice * 劇団四季ミュージカル『アラジン』/「逃げ足なら負けない」/訳詞:高橋知伽江】

劇団四季版

アラジンが登場する、ミュージカル冒頭の “One Jump Ahead(逃げ足なら負けない)” では、パンを盗んだアラジンが、衛兵に追いかけられる際色々な呼び方で呼ばれています。劇団四季版ではこうですね。

 

クズ!盗っ人!悪党!とっちめろ!
―劇団四季ミュージカル 『アラジン』 より 「逃げ足なら負けない」(訳詞:高橋知伽江)

 

あとは、最後の方で「泥棒!」と呼ばれているところもあります。

 

英語版

では英語版ではどうでしょうか?曲の前半部分を見てみましょう。

 

Riffraff! Street rat! Scoundrel! Take that!
―ミュージカル “Aladdin” より “One Jump Ahead” (作詞:Tim Rice)

 

なかなかの言われようですね…ご覧の通りで、ここは「ろくでなし(riffraff)」、「ドブネズミ(street rat)」、「悪党(scoundrel)」と呼ばれているのです。まぁ、事実と言えばそうなのですが…

調べてみたところ、 “street rat” で独立した意味はないようですが、 “rat” が「ドブネズミ」なのでニュアンス的には「道端のドブネズミめ!」といった感じでしょう。 “Take that” は「あれを取れ」ですから、この場面では「あれを取り返せ!」が近いですね。アラジンが手にしている何かを指しているんでしょうね。

中盤では別の呼ばれ方をしています。

 

Stop, thief! Vandal! Outrage! Scandal!
―ミュージカル “Aladdin” より “One Jump Ahead” (作詞:Tim Rice)

 

“outrage” と “scandal” は具体的に人を表す単語ではありませんので、ここは「非道なやつめ、非道だ!」、「不祥事だ!」と解釈すると良いでしょう。 “vandal” は5世紀にローマを略奪した「バンダル族」のことのようですが、転じて「野蛮人」という意味があるので、このシーンではこの意味になりますね。

ちなみに “stop, thief!” の部分はアラジンに対して「止まれ!泥棒!」と言っています。

少し聞き慣れない単語もあったと思いますが、どれもアラジンに一致すると頷ける単語ではないかと思います。これを機に覚えてみるのも良いかもしれないですね。

 


『アラジン』 解説・考察トップ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください