La Vie Boheme/英語歌詞の内容と意味を理解する⑦

 
こんにちは!

ミュージカル考察ブロガー、あきかん@performingart2)です。
 

東宝ミュージカル『レント(RENT)』より “La Vie Boheme” の英語歌詞を見てみると、難しい単語の羅列ばかりで何のことを歌っているのかさっぱり分かりません…

ここではそんな難しい単語を1つずつ解説しながら、内容を掘り下げていこうと思います。今回はミミ、マーク、モーリーンの紹介についてと、ベニーとミミの会話の内容です。

ボヘミアンの意味については、こちらの記事をご覧ください。

 

また “La Vie Boheme” の歌詞解説については、こちらの記事をご覧くださいね。


オリジナルグッズ販売中

・ オリジナルネックレス "LOVE performing arts"


 

各自を紹介

 

ここからは、「ボヘミアンの精神」「自由奔放な人生」と考えられるものは挙げず、ボヘミアン達がボヘミアン達を紹介している内容へと変わっていきます。まずはミミ、マーク、モーリーンの3人が紹介されていますよ。歌詞から見ていきましょう。

 

COLLINS:
In honor of the death of Bohemia an impromptusalon will commence immediately following dinner…
Mimi Marquez, clad only in bubble wrap,
will perform her famous lawn chair-handcuff dance to the sounds of iced tea being stirred.

ROGER:
Mark Cohen will preview his new documentary
about his inability to hold an erection on high holy days.

(ROGER picks up an electric guitar and starts to tune it.)

MARK:
Maureen Johnson, back from her spectacular one-night engagement at the eleventh street lot,
Will sing native american tribalchants backwards through her vocoder,
While accompanying herself on the electric cello —
Which she has never studied.

―ブロードウェイミュージカル “RENT” より “La Vie Boheme” (作詞:Jonathan Larson & Billy Aronson)

 

ここ、ナンセンスなことばかり書かれているので、意味を理解したところで「???」と思ってしまうでしょうが、ボヘミアンにとって「ナンセンス」などありません!

早速1人ずつ見ていきましょう。

 

コリンズが紹介するミミ

 

まず、コリンズがこの場をリードしています。

 

  • In honor of the death of Bohemia … ボヘミアの死を記念して
  • an impromptu salon will commence immediately following dinner … 即席のサロンでただちに夕食を始めました

 

「ボヘミアンの死を記念して」と言っていること自体に違和感を感じませんか?彼らは「ボヘミアンは死んでいない」「自由奔放な人生は健在だ!」と声高らかに歌って来たのに、死んだことを祝うなんておかしいですよね。

何故こんなことを言っているのかというと、この曲の始まりでベニーが言っていた “Bohemia is dead” に反抗しているからです。「ボヘミアンは死んだ、そうさ、そんな死を記念して今回のサロンにはこんな奴らが集まった!」みたいなテンションでベニーを真っ向からバカにしているんです。

ちなみにサロンというのは、「客間、大広間、おしゃれな店」を指すようですよ。

それで、コリンズがミミから紹介します。

 

  • Mimi Marquez, clad only in bubble wrap … プチプチだけを身にまとったミミ・マークエズは
  • will perform her famous lawn chair-handcuff dance to the sounds of iced tea being stirred … アイスティーがかきまぜられる音に合わせて、あの有名な、折り畳み椅子に手錠をされたダンスを踊ります

 

「はぁ?」と思いましたか(笑)?全く意味が分かりませんよね。

“bubble wrap” とはあの「プチプチ」です、梱包材の。それを身にまとって、どうやらダンスを披露する模様。

“lawn chair-handcuff” がいまいちよく分からなかったのですが、 ” lawn chair” はアウトドアで使ったりする「折り畳み椅子」のこと、 “handcuff” は「手錠」ですから、「折り畳み椅子に手錠をされたダンス」なんて直訳してみましたが、そんなダンスが存在する訳ではなさそうです…。

そして、どんな音楽に合わせて踊るのかというと “the sounds of iced tea being stirred(アイスティーがかきまぜられる音)” ですって。

理解の範疇を越えています…。

 

 

ロジャーが紹介するマーク

 

お次はマーク、これまたなかなかの内容です…(恥)。

 

  • Mark Cohen will preview his new documentary about his inability to hold an erection on high holy days … マーク・コーエンは、聖なる日に彼が勃起しないという新しいドキュメンタリーを試写

 

…ど、どういうドキュメンタリーだよ(汗)。もう、これ以上言うことなし(恥)。

 

マークが紹介するモーリーン

 

そして続くはモーリーンですね。

 

  • Maureen Johnson, back from her spectacular one-night engagement at the eleventh street lot … 11番通りの倉庫から目覚ましい一夜を終え戻って来たモーリーン・ジョンソンは
  • Will sing native american tribalchants backwards through her vocoder … ヴォコーダーを通してアメリカン・インディアンの部族の歌を逆から歌います
  • While accompanying herself on the electric cello which she has never studied …  一度も勉強したことのないエレキチェロで伴奏をしながら

 

「目覚ましい一夜」というのは、モーリーンが行った立ち退きに反発するショーのことですね。「ヴォコーダー」とは電子機器の一種だそう。文脈的には、拡声器のようなものでしょうか?

この内容の最もナンセンスなことは何かというと、 “sing native american tribalchants backwards” でしょう。もともとアメリカン・インディアンの部族の曲なんて何を言っているか分からないですし、それを逆から歌う?挙句の果てには、一度も演奏したことのないエレキチェロを伴奏する…つまりハチャメチャってことですね。

いやー…何というか、本当にぶっ飛んでいる。

 

 

ベニーとミミの会話

 

そんな紹介が行われている途中で、ベニーはミミに話しかけます。

 

BENNY:
Your new boyfriend doesn’t know about us?

MIMI:
There’s nothing to know

BENNY:
Don’t you think that we should discuss —

MIMI:
It was three months ago

BENNY:
He doesn’t act like he’s with you

MIMI:
We’re taking it slow

BENNY:
Where is he now?

MIMI:
He’s right — hmm

BENNY:
Uh huh

MIMI:
Where’d he go?

―ブロードウェイミュージカル “RENT” より “La Vie Boheme” (作詞:Jonathan Larson & Billy Aronson)

 

この会話は大きく分けると2つの展開になっていますね。

 

  1. ロジャーは俺たちの関係を知っているのかとベニーが問うが、そんな事を言う必要はないし、3か月も前のことだと答えるミミ
  2. 付き合っているようには見えないと言われ、時間をかけていると答えるものの、ロジャーがいなくなってしまったことに気付くミミ

 

堂々としていたところ、足元をすくわれてしまったミミが可愛い瞬間でもあります。この後、ロジャーとの距離が一気に縮まりますが、それについては次の記事で解説しますね。

 


それでは皆さん、良い観劇ライフを…

以上、あきかん@performingart2)でした。

『レント』 解説・考察トップ






あなたも【ミュージカレッジ】メンバーに!
現在のテーマは『アラジン』


ミュージカルを追究したい!もっともっと考察したい!」メンバーが集まる、有料オンラインサークル。月500円~で、あきかんの「音声」と「限定公開記事」からミュージカルを学ぶことができます。配信ペースは週1~2日です。