ローレンのダメ男遍歴が分かる “The History of Wrong Guys”

 
こんにちは!

ミュージカル考察ブロガー、あきかん@performingart2)です。

ミュージカル『キンキーブーツ(Kinky Boots)』の “The History of Wrong Guys” は、ローレンがチャーリーを好きだと自覚してしまう、とっても可愛いらしい曲です。

ローレンは今まで好きになった男子を『ダメ男遍歴(The History of Wrong Guys)』とひとくくりにし、彼女がいるチャーリーもその歴史の1つにしようとしています。

ローレンの今までの恋愛を踏まえて、チャーリーにどんな想いを抱いているかみていきましょう。

お知らせ!
『キンキーブーツ』の解説・考察本を執筆しました!

「プライス社は実在したのか?」「キンキーブーツは工場を救ったのか?」そんな疑問を解消しながら、ミュージカル『キンキーブーツ』の魅力に迫る考察本。映画とミュージカルを比較しながら、実話時代背景ジェンダーの3つの視点から作品に切り込んだ1冊です。

Kindle(電子書籍)、ペーパーバック(紙書籍)、いずれでも販売中

Kindle Unlimitedを初めてご利用の方は、30日間の無料体験が可能!:0円で読む!



「実話を知ったら欲しくなる」グッズ!

 

“The History of Wrong Guys” とは、どういう意味?

 

歌詞を理解する前に、曲名を理解するところから始めましょう。

“The History of Wrong Guys” とは「(私の)ダメ男遍歴」という意味で、ローレンが今までに好きになった男性を1まとめにした、空想上の本の題名と理解すると良いでしょう。

そう分かるのは、ローレンが今まで好きになった男たちを “Chapter(章)” ごとに例えて歌うパートがあるからです。

 

The history of wrong guys:
Chapter One – He’s a bum
Two – He’s not into you
Three – He’s a sleaze
Four – Loves the girl next door
Five – Loves the boy next door
Six – Don’t love you no more
Makes you insecure
Makes you so unsure
Is so immature
Loves his mother more
Or
Has a girlfriend named Nicola

―ブロードウェイミュージカル“Kinky Boots”より “The History of Wrong Guys”(作詞:Cyndi Lauper)

 

ローレンのダメ男の歴史は次の通りです。

 

『ダメ男遍歴』

  • 第1章:彼は遊び人
  • 第2章:彼はあなた(ローレン)に夢中じゃない
  • 第3章:彼はだらしない
  • 第4章:彼は隣に住む子のことが好き
  • 第5章:彼は隣に住む男のことが好き
  • 第6章:彼はあなた(ローレン)のことがもう好きじゃない
  • とっても幼稚
  • 私よりもママの方が好きか
  • もしくは、ニコラという名前の彼女がいる

 

ローレンに男運がないということが、よく分かりますね…。

こういった失恋が度重なれば、当然ながら恋愛に対して自信がなくなり、不安にさえなります。

その上で彼女持ちのチャーリーを好きになってしまうわけですから、自分の気持ちを抑え込もうと必死です。

 

 

“The History of Wrong Guys” で歌われていること

同じ過ちをおかしたくないのに、恋してしまうローレン

 

失恋を繰り返して「何でいつもこうなの!?」と絶望さえ感じてしまうのが、ローレンの正直な気持ち。

特にサビ前では「また同じ間違いを繰り返すの?」といった内容が歌われています。

 

But I’ve been here before
Have I come back for more?
Another chapter in the history of wrong guys
You used to be so “eh”
A limp lackluster bore
But now you’re changing into something I just can’t ignore

―ブロードウェイミュージカル“Kinky Boots”より “The History of Wrong Guys”(作詞:Cyndi Lauper)

 

内容はこうです。

 

  • 私、これ経験したことある。
  • また、ここに戻ってきちゃったわけ?
  • これでまた『ダメ男の歴史』に新たな章が追加されちゃう
  • あなたは今まで「え…」って感じだったし
  • モサッとして、パッとしない、つまんない人って感じだったのに
  • 今じゃ、私にとって無視できない存在になり始めている

 

これ、あるあるですよね(苦笑)。

今まで何とも思っていなかった人のことが、急に気になり始めてしまうという現象…。

ちなみに、2番ではこんなことが歌われています。

 

Yesterday no spark
No heart aching allure
But today I’m feeling something I just can’t ignore

―ブロードウェイミュージカル“Kinky Boots”より “The History of Wrong Guys”(作詞:Cyndi Lauper)

 

こちらも、あるあるです。

 

  • 昨日までは輝きがなくて
  • 魅惑的な胸キュンもなかったのに
  • 今日になったら、無視できない感情を感じている

 

そして、ローレンはサビで「チャーリー、ほんとに、私、今までもこんな風にして傷ついてきたの」と、恋愛感情が高まりを抑えようとしていることが分かります。

 

Charlie, honestly
I’ve been hurt like this before

―ブロードウェイミュージカル“Kinky Boots”より “The History of Wrong Guys”(作詞:Cyndi Lauper)

 

 

胸の高まりを抑えきれず、嘆くローレン

 

しかし本能は止められず、こんな嘆きも見られます。

 

Why are they only nice when they’re unavailable?!

―ブロードウェイミュージカル“Kinky Boots”より “The History of Wrong Guys”(作詞:Cyndi Lauper)

 

どうして見込みがない時ほど、男達ってイイ人なわけ?」という意味ですね。

「見込みがない時」というのは、彼女がいる、妻がいる、好きな人がいる時のことで、チャーリーの場合は婚約者(ニコラ)がいるという意味。

また、友達でいた方が幸せ…という嘆きもあります。

 

Don’t wanna be another star-crossed lover
We all know how that ends
I’m better off without him
We’re better off as friends.

―ブロードウェイミュージカル“Kinky Boots”より “The History of Wrong Guys”(作詞:Cyndi Lauper)

 

“star-crossed lover” は「幸薄き恋仲」という意味です。

見込みのない相手と一緒になっても、先は見えている。だったら、友達どまりの方が幸せですよね?

でも、そうはさせてくれないのが恋心…。そんな理性と本能に振り回されるローレンです。

 

とってもお茶目で、ちょっぴり残念な “The History of Wrong Guys” 。

ダメ男に恋した時や失恋をした時に聴けば、ローレンに激しく同意すること間違いなしの1曲です。


もっと考察を読みたい方は、曲一覧から!


それでは皆さん、良い観劇ライフを…

以上、あきかん@performingart2)でした。

***

『キンキーブーツ』の考察本を執筆しました!実話、映画、ミュージカルを徹底的に比較しながら、解説もしています。

『キンキーブーツ』の本質的な面白さ【ミュージカル『キンキーブーツ』が魅力的な3つの理由:~ 実話、時代背景、そしてジェンダー ~】にまとめています。

観劇前後にお読みいただき、繰り返し『キンキーブーツ』をお楽しみくださいね!

Kindle(電子書籍)、ペーパーバック(紙書籍)、いずれでも販売中

Kindle Unlimitedを初めてご利用の方は、30日間の無料体験が可能!:0円で読む!