Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

アンジェリカ・スカイラーとは?②ハミルトンの不倫相手?

ミュージカル『ハミルトン(Hamilton)』より“Alexander Hamilton”の英語歌詞を見てみると、3人の女性がハミルトンのことを愛していたということが分かります。

今回は、3人のうち、アンジェリカ・スカイラー(Angelica Schuyler)のハミルトンとの関係性についてご紹介しますよ。

【ブロードウェイミュージカル“Hamilton”/“Alexander Hamilton”/作詞:Lin-Manuel Miranda】

『ハミルトン』ではアレクサンダー・ハミルトンに関係する女性が3人います。それがアンジェリカ・スカイラー(Angelica Schuyler)、エリザベス・スカイラー(Elizabeth Schuyler)、そしてマリア・レイノルズ(Maria Reynolds)です。今回は3人のうち、アンジェリカ・スカイラー(Angelica Schuyler)について調べました。

まだこちらの記事をお読みでない方は、是非先にお目通し下さいね。

 

 

ハミルトンとの関係性

男女の友情は成立したか?

先の記事でもご説明した通り、アンジェリカ・スカイラー自身、ジョン・バーカー・チャーチ(John Barker Church)と結婚していますから、既婚者です。

それなのに何故ハミルトンのことを「愛していた」などと言うのでしょうか?

今回は「OUPblog」に分かりやすい英語記事がありましたので、そちらの引用をしながら説明させて頂きます。まずはこちらから見ていきましょう。

 

Ultimately Angelica is the more interesting, complex character in both the musical and the historical record. Her loving friendship with Alexander Hamilton, not to mention other leading men of the era, offers a window into the workings of mixed-sex friendships in America’s founding era.
The flirtatious friendship of Alexander Hamilton and Angelica Church hits Broadway(OUPblog)

 

アンジェリカが、歴史上でもミュージカル上でもかなり魅力のあるキャラクターであること書かれていますが、既にミュージカルをご覧になった方、曲をお聴きになった方は首を大きく縦に振っているはず。何を隠そう、私もその1人です。

この文章で注目すべきは“loving friendship”と“mixed-sex friendships”いうワード。「愛のこもった友情」、「異性同士の友情」という意味ですが、果たして「男女の友情は成立するのか…」という話しですね。

この点を詳しく見ていきましょう。

 

 

ハミルトンの義姉という立場で雲隠れ?

アンジェリカとハミルトンの関係が分かりやすく歌われている曲が2つあります。それが、“Satisfied”と“Take A Break”です。

曲を聴いていて何となく気付いた方もいらっしゃるかもしれませんが、アンジェリカは明らかにハミルトンに恋愛感情を持っています。(これらの曲に関しては、また別途詳しく記事を書きますね。)

しかし、それがお互いの「不倫行為」であったかどうかまでは、はっきりしていません。

まず、引用を1つずつ確認しながら、2人がどういう関係にあったかを見ていきましょう。

 

That Angelica was a married woman actually made her friendship with Hamilton safer from public scrutiny, as did Hamilton’s marriage to her sister Eliza in 1780. Friendships between men and women were subject to public scrutiny and worries about sexual improprieties, so broadening a friendship from a pair to a set of spouses was helpful. These factors may have emboldened both Alexander and Angelica to express affection for one another with more intensity than most friends.
The flirtatious friendship of Alexander Hamilton and Angelica Church hits Broadway(OUPblog)

 

1780年にエリザベスとハミルトンが結婚したことにより、アンジェリカはハミルトンと親戚関係になったので、一見2人が密接な関係にあるように見えたとしても、親戚関係と説明がつくためアンジェリカにとっては好都合であったようです。

というのも、異性間での友情は恋愛関係に発展する恐れもあるので、「男女間の友情は成立しない」というのが一般的な考えだったため、互いへの激しい愛情をお互い大胆に見せたとしても、親戚関係にあるということに雲隠れできた…ということが書かれています。

ですから、ここからは「少なくともアンジェリカはハミルトンに気があり、それはエリザベスが結婚した後も変わらなかった」ということが伺えます。

 

 

ハミルトンは不倫をしていたのか?

それでは、ハミルトンはエリザベスに隠れて不倫をしていたのでしょうか?こちらの文章を見てみましょう。

 

Alexander’s letters to Angelica are clearly flirtatious, but whether this was playful or a sign of romance is impossible to know.
The flirtatious friendship of Alexander Hamilton and Angelica Church hits Broadway(OUPblog)

 

「アンジェリカに宛てたアレクサンダーからの手紙は、明らかに浮気なものだったが、それが遊びだったか本気だったかは分からない」とあります。つまり、ハミルトンが浮ついた内容の手紙を送っていたことは確かだが、アンジェリカに恋愛感情を持って接していたかどうかは、不明確だ…ということです。

ハミルトンが不倫をするつもりでアンジェリカと接していたかどうかは定かでない…ということですね。

 

 

曖昧な2人の関係

“Take a Break”で上手く表現される感情のズレ

アンジェリカはハミルトンに好意を抱き、ハミルトンはアンジェリカに好意を抱いていたかどうかは分からない…このもやもやした関係を描いているのが“Take a Break”の曲中です。これについて触れられている文章を引用してみましょう。

 

In one song, “Take a Break,” Miranda plays with this uncertainty as Angelica asks Alexander whether he had romantic intent behind a phrase in letter. While Angelica and Alexander may not have had this precise conversation, many friends of the opposite sex were confused about their feelings for one another.
The flirtatious friendship of Alexander Hamilton and Angelica Church hits Broadway(OUPblog)

 

『ハミルトン』の脚本を書いたLin-Manuel Mirandaは、この2人の曖昧な関係を“Take a Break”の曲中で上手く表現しています。ハミルトンが書いてきた手紙の中の1つの表現は、アンジェリカに気があるのではないかと期待させてしまうものです…といったことが書かれています。

また、この曲中の“ある表現”が実際の文通でなされたかは定かでないですが、異性同士のよくある勘違い、気持ちのズレがとてもよく表現されている…とも書かれています。

この“ある表現”についてはまた追って記事を書きますので、リンクを貼るまで今しばらくお待ちくださいね。

 

 

【フォロー大歓迎です!】

*twitter→LOVE performing arts (@performingart2)
*instagram→akikan(@love_performing_art2)

ブロードウェイ ホームページ

『ハミルトン(Hamilton)』曲一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください