「雌ライオンの歌」ズールー語の意味!歌詞内に「お父さん」登場?

ミュージカル『ライオンキング(The Lion King)』より“The Lioness Hunt(雌ライオンの歌)”の歌詞を見てみると、全体がアフリカのズールー語で歌われており、何と歌っているのかを理解することができません…。調べてみたところ、意外な登場人物が出てくることが分かりました。それは一体誰なのでしょうか?

The Lioness Hunt(雌ライオンの歌)”って、メスの優雅さと狩りの勇ましい音楽が融合している、とても耳に心地の良い曲ですよね。日本語版では「雌ライオンの歌」となっていますが、英語版の題名は“The Lioness Hunt”、つまり「雌ライオンの狩り」です。となると、狩りの内容を歌っているのかしら…そんなことを想像しながら見ていきましょう。

ちなみに、この歌が歌われている言語「ズールー語」についての詳しい説明は、次の記事に記載しておりますので、併せてご覧くださいね。

今回お世話になったのは、FANDOMという英語のサイトです。ズールー語と共に英語の表記がされていましたので、この英語部分を元に解説していきますよ。

The Lioness Hunt(雌ライオンの歌)”の歌詞の中身を見てみましょう:

We baba zingela siyo zingela baba(Hey, father, we are going hunting)×4
Hi ba la qhubekeni siyo zingela(Move forward, we are going hunting)

Ta ta ta!
Thatha(Take (it))
Mama wele le he(Mother, winnow it)
Thatha
Mama wele le he
Thatha
Wele(Winnow)
Zingela baba(Hunt, father)
×4

Uye yay Nibo(Go toward (it))
Zingela baba
Uye yay(Go toward (it))
Oh!
Uye yay Nibo(Go toward (it))
Zingela baba
Uye yay Nibo
Thatha wele(Take (it))
Thatha
Thatha wele
Zingela baba
Uye yay
Thatha wele
Oh!
Uye yay Nibo

Ukunoqoba!(Victory!)
×4
―ミュージカル “The Lion King” より “The Lioness Hunt”

基本、同じ内容を繰り返し歌っているということが分かりますね。出てくる単語はそんなに難しくありません。1つずつ見ていきましょう。

  • We baba zingela siyo zingela baba(Hey, father, we are going hunting)

ここは父親にこれから出かけるよ、ということを伝えているのでしょうか?『ねえ、お父さん、これから狩りに行くわよ』というような内容になります。

  • Hi ba la qhubekeni siyo zingela(Move forward, we are going hunting)
  • forward…前へ、前に向かって

ここは狩りへ向かう様子です。『前へ進め、私たちはこれから狩りに行くの』です。迷いなく狩りに向かう精神が伺えます。

  • Thatha(Take (it))
  • take…取る、捕える

これは文字通り『それを捕えよ』です。

  • Mama wele le he(Mother, winnow it)
  • winnow…選び出す、識別する

winnowという言葉に馴染みがないですが、調べてみると「選び出す」という意味でした。ここでは「選りすぐりな標的の中から、狙いを定める」という解釈で良いでしょう。よって『お母さん、狙いを定めて』が近い気がします。

  • Wele(Winnow)

ここは『選んで』とか『狙いを定めて』ですね。

  • Zingela baba(Hunt, father)

そして、『とどめをさして、お父さん』です。huntは「狩る」ですが、ここでは「とどめをさす」で良いでしょう。

  • Uye yay Nibo(Go toward (it))
  • toward…~の方へ、~に向かって

towardは先程のfowardより、より目的が定まっている状態です。よってここは『(獲物に)向かって進め』というニュアンスになります。

そして最後に…

  • Ukunoqoba!(Victory!)

見事、獲物を捕えました!

いかがでしたか?…ということで、“The Lioness Hunt(雌ライオンの歌)”は狩りの様子をリアルに表現した歌詞だということが分かりましたね。

ただ、1つ気になることがあります。この歌詞の中では「お父さん」も登場して一緒に狩りをしています。ということは、『ライオンキング』のこのシーンだけを表現した歌詞ではなさそうです。では誰のことを歌っているのか?

恐らくアフリカ人でしょう。

アフリカ人が狩りに行く時の様子を歌いながら、このシーンに重ね合わせているのです。何故そう考えるのかというと、他の記事にも記載しましたが、“One by One(ワン・バイ・ワン)”や“Rafiki Mourns(ラフィキの哀悼)”の歌詞もアフリカ人のことを歌っていると分かったからです。特に“Rafiki Mourns(ラフィキの哀悼)”は、今回のように2重の意味がありました。

『ライオンキング』においてズールー語で歌われている歌詞については、基本、アフリカ人についても歌っていると考えても良さそうです。実はとっても奥が深い内容になっていたんですね。次の記事も併せてお読み頂く、その詳細をご理解いただけるはずです。是非ご覧ください。

*良い記事だと思って下さった方、是非「いいね!」をお願い致します*
*facebookページへ参加して下さる方はこちらから→LOVE performing arts
*twitterをフォローして下さる方はこちらから→LOVE performing arts (@performingart2)

「なるほど!」と思ったらシェア♪

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です