トプシー・ターヴィーの祭りはどれくらいの規模?

劇団四季ミュージカル『ノートルダムの鐘(The Hunchback of Notre Dame)』より“Topsy Turvy Part.1(トプシー・ターヴィー/パート1)”の英語歌詞を見てみると、大体どれほどの規模でお祭りが行われているのかイメージすることが出来ます。

そんなことを歌われているフレーズを今回はご紹介しますよ。

※全体を読みやすくするため記事の構成を変更致しました。(2017.6.30)

Topsy Turvy Part.1(トプシー・ターヴィー/パート1)”の歌詞中盤で、ジプシー達が歌うパートで次のフレーズがあります。

 

Streaming in from ChartrestoCalais
Scurvyknaves are extrascurvy
On the 6th of janu-ervy
All because it’s Topsy Turvy day
―ミュージカル “The Hunchback of Notre Dame” より “Topsy Turvy Part.1”

 

この1行目が場所を指しているパートです。

Chartres/シャルトルもCalais/カレーもフランスの地名です。“streaming in”で「大勢が次々に入り込む」という意味ですから、ここは「シャルトルからカレーまでの人が次々に繰り出してくるよ」という意味になるでしょう。

何故この2つの土地なのかを私なりに考えてみましたが、まず、Chartres/シャルトルはノートルダム大聖堂が位置している土地ですので、今まさにクロパン達がいる場所です。

一方のCalais/カレーですが、これはパリも越えたフランスの北部の遠い町。そう考えると「自分たちのいる場所から、遠い北の町まで」といったニュアンスで歌われているのではないかと思います。

それぞれの地域の簡単な説明と位置関係は次をご覧くださいね。

  • Chartres…シャルトル(ゴシック式の教会で有名な北フランスの町)
  • Calais…カレー(ドーバー海峡に臨むフランスの港市)

 

*良い記事だと思って下さった方、是非「いいね!」をお願い致します
*facebookページへ参加して下さる方はこちらから→LOVE performing arts
*twitterをフォローして下さる方はこちらから→LOVE performing arts (@performingart2)

♪『ノートルダムの鐘(The Hunchback of Notre Dame)』の曲一覧はこちら



「なるほど!」と思ったらシェア♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください