『ハミルトン』に登場する、サミュエル・シーベリーとはどんな人?

 
こんにちは!

ミュージカル考察ブロガー、あきかん@performingart2)です。

ミュージカル『ハミルトン(Hamilton)』より “Farmer Refuted” の英語歌詞を見てみると、サミュエル・シーベリー(Samuel Seabury)という人物が登場します。

彼は、どのような人だったのでしょうか?

サミュエル・シーベリーは独立前のアメリカで、ハミルトンのライバルとして認知されている重要な人物です。

サミュエル・シーベリーとハミルトンの関係性が分かるのがこの曲なので、押さえておきましょう。

お知らせ!
『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』の解説・考察本を執筆しました!

ヘドウィグが探し求めた「カタワレ」とは?何故「ベルリンの壁」が登場するのか?「愛の起源」を解説しながら、ミュージカル『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』の中毒性に迫る考察本。台本と映画を踏まえてながら、プラトンの『饗宴』に影響を受けた「愛の起源」、ドイツの歴史、旧約聖書「アダムとイヴ」の3つの視点から作品に切り込んだ1冊。

Kindle(電子書籍)、ペーパーバック(紙書籍)、いずれでも販売中

Kindle Unlimitedを初めてご利用の方は、30日間の無料体験が可能!:0円で読む!


 

サミュエル・シーベリーは、アメリカ初の英国国教会の司教で、ニューヨークで英国王党派を支持していた人物でした。

平たく言うと、イギリスに対決姿勢を示すアメリカに危機感を抱いていた人物です。

 

Samuel Seabury (November 30, 1729 – February 25, 1796) was the first American Episcopal bishop, the second Presiding Bishop of the Episcopal Church in the United States of America, and the first Bishop of Connecticut. He was a leading Loyalist in New York City during the American Revolution and a known rival of Alexander Hamilton.

Samuel Seabury(wikipedia)

 

そして何よりも、アレクサンダー・ハミルトンのライバルとして有名で、その情報がこの “Farmer Refuted” 1曲に詰め込まれています。

 

He wrote “Free Thoughts on the Proceedings of the Continental Congress” (1774) under the pen name A. W. Farmer (standing for “a Westchester farmer”), which was followed by “The Congress Canvassed” (1774). Alexander Hamilton responded to these open letters in “A Full Vindication of the Measures of Congress, from the Calumnies of their Enemies”. Seabury wrote a third “Farmer’s Letter” entitled “A View of the Controversy between Great Britain and her Colonies” to answer Hamilton, and Hamilton completed the exchange by writing “The Farmer Refuted” (1775).

Samuel Seabury(wikipedia)

 

どのような点でライバル関係にあったかというと、こういうことです。

 

・ シーベリー … イギリスに対決姿勢を示すアメリカに危機感を抱いているため、アメリカの人々に考えを改めるよう主張している

 

・ ハミルトン … アメリカを植民地としているイギリスに対決姿勢を示しているため、シーベリーの主張が鼻につく(うっとおしい)

 

サミュエル・シーベリーは、A. W. Farmer(意味:a Westchester farmer/ウエストチェスターの農夫)というペンネームで『大陸会議の議事録に関する自由な考え(Free Thoughts on the Proceedings of the Continental Congress)』を執筆し、公開状とします。

しかし、これに納得いかないハミルトンが別の公開状を提示し、それにサミュエル・シーベリーが応じ…ということが数回続きました。

結果的にハミルトンが “The Farmer Refuted” という題の公開状でシーベリーとのやりとりを終結したということのがことの流れです。

 

曲名の “Farmer Refuted” は「反駁された(Refuted)農夫(Farmer)」という意味ですが、実際はこういった意味になります。

 

・ 反駁されたA. W. Farmer = 反駁されたシーベリー(論破されたシーベリー)

 

公開状のやりとりは、お互いの主張を曲げない頑固なやりとりだったようです。

曲の中でもその様子が手に取るように分かるので、それぞれの主張を見比べてると、より一層楽しめるシーンになりますよ。

 

Farmer Refuted” の、他の記事はこちらから。


それでは皆さん、良い観劇ライフを…

以上、あきかん@performingart2 ←twitter)でした。

『ハミルトン(Hamilton)』作品情報トップ