フィーバスがフロローに言い渡された任務と、2人のやりとり

 
こんにちは!

ミュージカル考察ブロガー、あきかん@performingart2)です。
 

劇団四季ミュージカル『ノートルダムの鐘(The Hunchback of Notre Dame)』より「息抜き(Rest and Recreation)」の英語歌詞を見てみると、意気揚々とパリへ戻って来たフィーバスが、何やらフロローと会話をしています。

フロローに任務を言い渡されて背筋が伸びたフィーバスですが、どんなことを言われたのでしょうか?

あきかんの参考資料
「原作を読む前」にコレ!


 

歌詞のおさらい

 

FROLLO:
Captain! Welcome to the Cathedral Guard!

PHOEBUS:
I’m grateful for the opportunity to serve you, my lord.

FROLLO:
Your early arrival is most auspicious. The pestilence of these gypsies grows more dangerous every day.

Captain you and I
Have a task we share
Stopping them and their proliferation
Paris looks to us

PHOEBUS:
To us!

FROLLO:
To rid her streets of crime

PHOEBUS:
To rid her streets of crime!

FROLLO:
This is war and thus

FROLLO & PHOEBUS:
There is no time
For rest and recreation!

―ミュージカル “The Hunchback of Notre Dame” より “Rest and Recreation” (作詞:Stephen Schwartz)

 

護衛のキャプテンとは?

 

前の記事で、昇格したフィーバスは戦場から離れ、パリの護衛のキャプテンになったと書かれていました。

その具体的な内容が、フロローの台詞から読み取れます。 “Cathedral Guard” 、つまりノートルダム大聖堂付の護衛…ということですね!フロローはフィーバスの上司なんですね。

フィーバスの到着をフロローが歓迎し、フィーバスは「貴方に仕えることがことは、この上ない喜びだ」と言っていますね。

 

 

フロローがフィーバスに与えた任務

 

3日間の休暇を存分に楽しもうとしていたフィーバスに対し、そうと知ってか知らずかフロローはこう言います。

 

  • Your early arrival is most auspicious … 君の到着が早かったのは、実に幸先(さいさき)が良い。
  • The pestilence of these gypsies grows more dangerous every day … 最近このジプシーの疫病がよりどんどん悪化しているからね。

 

フロローはジプシーを毛嫌いしているのはみなさんご承知のことですね。

ですから、この「疫病」とは文字通りの病ではなく、「ジプシーという、病気のようなもの」というニュアンスで使っています。

厄介者のジプシー達を取り締まってくれ…ということを任務として与えているのです。

それは続く歌詞でも分かります。

 

  • Captain you and I have a task we share … キャプテン、君と私は共有する務めがある
  • Stopping them and their proliferation … 彼らと彼らの急増を止めるのだ

 

「彼ら」というのはもちろんジプシー達のことです。

プシー達がパリへ不法侵入してくることを止め、これ以上に増えてしまうことを止めようと言っているのです。

まさか、この時はジプシーのエスメラルダに恋をするなんて、思いもしなかったでしょうね…。

 

「息抜きとお楽しみ」の時間などない

 

そして、彼らは続けます。

 

  • Paris looks to us to rid her streets of crime … パリは我々を見ている、パリの道から犯罪がなくなるのを
  • This is war and thus … これは戦争だ、それゆえ
  • There is no time for rest and recreation! … 息抜きとお楽しみの時間などない!

 

ここ、面白いですよね(笑)。

せっかくこれから「遊ぶぞー!」と意気込んでいたのに、任務を告げられる。フィーバス、いい感じに喝を入れられましたね。

 

もっと考察を読みたい方は、こちらから!


それでは皆さん、良い観劇ライフを…

以上、あきかん@performingart2)でした。

『ノートルダムの鐘』 解説・考察トップ






あなたも【ミュージカレッジ】メンバーに!
現在のテーマは『ノートルダムの鐘』


ミュージカルを追究したい!もっともっと考察したい!」メンバーが集まる、有料オンラインサークル。月500円~で、あきかんの「音声」と「限定公開記事」からミュージカルを学ぶことができます。配信ペースは週1~2日です。