ジプシーとは?その意味、歴史、民族を知る

劇団四季ミュージカル『ノートルダムの鐘(The Hunchback of Notre Dame)』を見てみると、エスメラルダを始め沢山のジプシー達が登場します。

エスメラルダやクロパンがジプシーであるということは分かっても、ジプシーがどういう存在なのかまでは把握しきれていない…という方は結構多いのではないでしょうか?

彼らがどういう歴史を持ち、どういう生活をしてきたのか。何となくしか分からない、ジプシーの全貌に迫ります。

 

ジプシーはヨーロッパで生活している移動型民族を指します。

 

差別用語に指定されているため、現在は「ロマ」という呼び名が使われています。

 

「エジプトから来た人」を意味する「エジプシャン」の言い方が崩れて、ジプシーとなったそうです。


アルバムを視聴/楽譜 ・アルバム(日本語):ノートルダムの鐘
・アルバム(英語):The Hunchback of Notre Dame
・楽譜:

 

ジプシーとは

どういう人たち?

 

まず、ジプシーとはどういう人たちなのか理解するところから始めましょう。

 

ジプシー(gypsy)は、一般にはヨーロッパで生活している移動型民族を指す民族名。

転じて、様々な地域や団体を渡り歩く者を比喩する言葉ともなっている。外名であり、当人らの自称ではない。

ジプシー(wikipedia)

 

ジプシーとはヨーロッパで生活している移動型民族を指すんですね。

しかも自称ではないということですから、周囲がそう呼び始め、基本的に自らをジプシーとは名乗らないと分かります。

 

どういう意味?

 

では、どういう経緯で「ジプシー」という名前がついたのでしょうか?

 

1427年にフランスのパリに現れた彼らは、「自分たちは低地エジプトの出身である」と名乗った。

ここから「エジプトからやって来た人」という意味の「エジプシャン」の頭音が消失した「ジプシー」 (Gypsy) の名称が生じたと言われる。

ジプシー(wikipedia)

 

1427年にパリに現れた…とありますが、ヴィクトル・ユーゴーの原作『ノートルダム・ド・パリ』では時代が1482年ですから、時代背景としては当てはまりますね。

エジプトからパリへやってきた人たちが自分たちのことを “Egyptian(エジプシャン)” と名乗り、その頭文字の “E” が取れて、いつからか “gyptian(ジプシャン)” になり、最終的には “gypsy(ジプシー)” に落ち着いたということです。

差別用語?

 

加えて、こんなことも書かれていました。

 

近年の日本においては、「ジプシー」は差別用語、放送禁止用語と見做され、「ロマ」と言い換えられる傾向にある。

しかし、「ジプシー」には「ロマ」以外の民族も含まれているので、これは他のジプシー民族を無視することになる。

ジプシー(wikipedia)

 

現在では差別用語となっているため、「ロマ」と呼ばれているようですね。

 

ロマとは

どういう人たち?

 

では「ロマ」とはどのような人たちなのでしょうか?

 

ロマ(Roma, 次節も参照。単数はロム)は、ジプシーと呼ばれてきた集団のうちの主に北インドのロマニ系に由来し中東欧に居住する移動型民族である。

移動生活者、放浪者とみなされることが多いが、現代では定住生活をする者も多い。

ジプシーと呼ばれてきた集団が単一の民族であるとするステレオタイプは18世紀後半に作られたものであり、ロマでない集団との関係は不明である。

ロマ(wikipedia)

 

ほー。

少しややこしくなってきましたが、ロマというのはヨーロッパで移動型生活をしてきたジプシーの中でも、北インドのロマニ系の人たちを指すということです。

こう考えると、先のジプシーの引用にこう書かれる理由が分かります。

 

・しかし、「ジプシー」には「ロマ」以外の民族も含まれているので、これは他のジプシー民族を無視することになる。

 

移動型生活をしていたという意味では同じかも知れませんが、民族的には「ジプシー=ロマ」ではないんですね。

 

ロマ語とは?

 

ロマの人たちがどんな言語を話しているかというと、主に「ロマ語」を話していると言われています。

 

ロマ語(ロマご、ロマニー語、ジプシー語)はインド・ヨーロッパ語族インド語派の言語で、インドから北アフリカ、ヨーロッパへ移住した少数民族ロマ(ジプシー)が使用する。

ロマは国家をもたないため標準語はない。方言が非常に多様で、20群60種類以上に分類される。もともと固有の文字はなく、現在ではラテン文字で筆記されることが多い。

ロマ語(wikipedia)

 

興味深いですね!

『ノートルダムの鐘』でも、一部ロマ語を使って歌っている歌詞がありますので、是非併せてご覧ください。

 

また、ロマ(ジプシー)の文化はあらゆるものに影響をしています。

例えばフラメンコの原型と言われていたり、有名なクラシック音楽もロマの音楽からインスピレーションを受けて出来たなどなど。

迫害され、一言では語れない歴史を持っているロマですが、その影響力は私たちの想像を超えていると言えるでしょう。

 

曲のポイント

 

・ジプシーはヨーロッパで生活している移動型民族を指します。

 

・差別用語に指定されているため、現在は「ロマ」という呼び名が使われています。

 

・「エジプトから来た人」を意味する「エジプシャン」の言い方が崩れて、ジプシーとなった。

 

・民族的にはジプシーとロマは同一とは言い切れない。

 


『ノートルダムの鐘』のオリジナルキャストはこちらをご覧ください。

『ノートルダムの鐘』 解説・考察トップ


4件のフィードバック

  1. ひかり より:

    こんにちは。
    昨日、人生で初めて劇団四季の「ノートルダムの鐘」を観てきた者です。
    ジプシーについて漠然としたイメージしか持っていなかったので、貴方様のこの記事を読んでとても勉強になりました。
    迫害されながらもあんなにも強く生きようとするエスメラルダや他のジプシー達をとてもかっこいいと思いながら観ていましたが、奇跡御殿の場所がバレてしまった時の「今度こそ数年は落ち着けると思ったのに…」(ごめんなさいこんな感じのセリフだったとは思うのですが不確かです)という言葉に、改めてジプシーたちの置かれている状況の過酷さを見せつけられた気がしてとても切なくなりました。
    他の記事も読ませていただきます。本当にありがとうございます…!

    • あきかん より:

      ひかり 様
      こんにちは。ご丁寧にコメント有難うございます。
      お役に立てたようで何よりです!記事を書いた甲斐がありました。
      「ノートルダムの鐘」でまだ書いていない曲もありますが、コツコツと書いていきますので是非応援のほどよろしくお願いいたします。
      またコメントお待ちしております♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください