エスメラルダは本名ではない?…その名前の由来と意味

 
こんにちは!

ミュージカル考察ブロガー、あきかん@performingart2)です。

劇団四季ミュージカル『ノートルダムの鐘(The Hunchback of Notre Dame)』の原作『ノートルダム・ド・パリ(上)』を読んでみると、エスメラルダは本名ではないことが分かりました。

では、エスメラルダとは何なのでしょうか?

お知らせ!
『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』の解説・考察本を執筆しました!

ヘドウィグが探し求めた「カタワレ」とは?何故「ベルリンの壁」が登場するのか?「愛の起源」を解説しながら、ミュージカル『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』の中毒性に迫る考察本。台本と映画を踏まえてながら、プラトンの『饗宴』に影響を受けた「愛の起源」、ドイツの歴史、旧約聖書「アダムとイヴ」の3つの視点から作品に切り込んだ1冊。

Kindle(電子書籍)、ペーパーバック(紙書籍)、いずれでも販売中

Kindle Unlimitedを初めてご利用の方は、30日間の無料体験が可能!:0円で読む!


ミュージカル『ノートルダムの鐘』を観てみても、エスメラルダがどういう意味なのかについては触れられていません。触れられているとしたらカジモドくらいですよね。

そこで原作を読んでみたところ、彼女の名前について触れられている箇所がありました。

エスメラルダに一目惚れをしたグランゴワールという詩人と、エスメラルダの会話の中にこういったものがあります。

エスメラルダが首から下げているお守りが気になったグランゴワールが、それは何かと尋ねたシーンです。(引用の色付きは、あきかんによる。)

 

娘は、クルミの身の鎖で首からさげていた細長い小袋みたいなものを、胸から引っぱり出した。樟脳の香りが袋からぷんぷんもれてきた。緑色の絹で包んであって、真ん中にエメラルドまがいの大きな緑色のガラス玉がついている。「きっと、この袋を持っているので、エスメラルダと呼ばれるのでしょう」と、娘が言った。

―『ノートルダム・ド・パリ(上)』ユゴー作、辻昶・松下和則訳、岩波文庫(p.207)

 

この文章から読みとれるのは、エメラルドまがいのガラス玉の付いた小袋を身につけているために「エスメラルダ」と呼ばれるということです。

ここで勘の良い方はお気付きでしょう。そうです、エスメラルダとは「エメラルド」という意味なのです。

 

エスメラルダ(Esmeralda)とは、エメラルドを意味するスペイン語およびポルトガル語である。

エスメラルダ(wikipedia)

 

つまり、エスメラルダは「エメラルド色をしたガラス玉を持っている子」というニュアンスで付けられたニックネームだったのですね。

エスメラルダの持っているものは、本物のエメラルドではありませんが、とても魅惑的な色のガラス玉だったことでしょう。

もっと考察を読みたい方は、曲一覧から!


それでは皆さん、良い観劇ライフを…

以上、あきかん@performingart2)でした。