「オーリム」と「いつか」の歌詞は同じだった!ラテン語の意味を解読

劇団四季ミュージカル『ノートルダムの鐘』が大好きな、そこのあなた。

『ノートルダムの鐘』のオープニングで歌われる曲「オーリム/いつか(Olim)」の歌詞の意味、ご存知ですか?

 

この曲は全てラテン語で歌われているので、読み解くことを諦めてしまいそうですよね。

 

しかし調べてみたところ、2幕で歌われる「いつか(Someday)」と歌詞が一緒だと分かりました。

 

意味を知らないと、オープニングから損をしてしまいますよ!

Music from the Musical

・作品名:ノートルダムの鐘(The Hunchback of Notre Dame)

・曲名:オーリム (いつか)Olim

・作詞:Stephen Schwartz

アルバムを視聴/楽譜 ・アルバム(日本語):ノートルダムの鐘
・アルバム(英語):The Hunchback of Notre Dame
・楽譜:

 

「オーリム」と「いつか」は同じ歌詞!?

 

オーリム/いつか(Olim)」と「いつか(Someday)」の歌詞が同じ?本当に?

…と思われた方も多いでしょう。私も初めは、そう思いました。

しかし実際にラテン語を紐解いていくと、歌詞の内容が「いつか(Someday)」にぴたりと合うのです。

 

オーリム:ラテン語歌詞

 

まずは、ラテン語の「オーリム/いつか(Olim)」から見ていきましょう。

 

Olim olim deus accelere
Hoc saeculum splendidum
Accelere fiat venire olim

―ミュージカル “The Hunchback of Notre Dame” より “Olim” (作詞:Stephen Schwartz)

 

うーん…全く意味が分かりませんね(笑)。
ラテン語を1つずつ調べてみると2つ目までは分かりました。

 

・olim … かつて

 

・deus … 神

 

…が、3つ目の “accelere” から迷宮に入ってしまったのです。

 

オーリム:英訳歌詞

 

それでも諦めないのがこの私。

「悔しい…どうしても理解したい…」と情報をあさったところ、ラテン語パートが英訳された歌詞を発見しました!

 

Someday, someday, God speed
This bright millenium
Let it come someday

― “The Bells of Notre Dame” (The Disney Wiki)

 

なるほど。それぞれのラテン語はこういう意味だったんですね。

 

・olim … someday … いつか

 

・deus … God … 神

 

・accelere … speed … 成功

 

こんな風に単語を1つ1つ照らし合わせていくと、あることがふと頭をよぎります。

あれ?この歌詞どこかで見たことがあるような気が…

そこで、私は気付きました。2幕、エスメラルダが処刑前に歌う「いつか(Someday)」と歌詞がほぼ同じだということに!

 

いつか:英語歌詞

 

本当に同じなのか「いつか(Someday)」の英語歌詞と比較してみてみましょう。

 

God speed
This bright millennium
On its way someday
Let it come
someday

―ミュージカル “The Hunchback of Notre Dame” より “Someday” (作詞:Stephen Schwartz)

 

どうです?

ほぼ「オーリム/いつか(Olim)」を英訳した歌詞と一致しますよね。

…ということは「いつか(Someday)」をラテン語で歌ったのが「オーリム/いつか(Olim)」だと言えます。

 

 

『ノートルダムの鐘』に込められたメッセージ

 

この曲名が「オーリム/いつか」と日本語訳されているのは、次の構図が成り立つからです。

 

olim = someday = いつか

 

ラテン語も英語も、歌っている内容は全く同じ。

歌われているのは「いつの日か祝福の日が訪れるだろう 明るく輝くその黄金時代が、いつか来ることを期待していこうではないか」ということです。

 

「いつか(Someday)」では「いつか差別や貧困がなくなり 皆平等になる願い」が歌われています。

そのフレーズがオープニングで歌われるということは、これこそが『ノートルダムの鐘』のメッセージであるといえるでしょう。

理解できないと思われていたラテン語で歌われていた内容が、こんな意味を持っていたなんて…!

『ノートルダムの鐘』を観る際は、必ずこの事実を押さえてからオープニングを迎えて、全身でそのメッセージを受け止めて下さいね。

 

曲のポイント

 

・「オーリム/いつか(Olim)」と「いつか(Someday)」は、同じ歌詞

 

・オープニングから「平等な世界への願い」を歌っていた

 

 

「いつか」に見る、フィーバスの強い意志

 

(追記:2017.7.5)

この記事をお読み頂いた方は『ノートルダムの鐘』における「いつか」という意味の重要性をお分かり頂けたと思います。

ここでもう1つ、注目して欲しいことがあります。

それは「いつか」と歌う、エスメラルダとフィーバスの使う単語が異なっているということです。

 

・エスメラルダ … someday (いつか)

 

・フィーバス … one day (いつか)

 

いずれも日本語にすると「いつか」という意味になるのですが、英語では何故使い分けられているのでしょうか?

去る者は “someday” と。残るものは “one day” と。

この使い分けの違いについては、次の記事をご覧くださいね。

 

また、他のラテン語歌詞については、こちらをご覧ください。

 

オーリム/いつか(Olim)」の、他の記事はこちらから。


『ノートルダムの鐘』のオリジナルキャストはこちらをご覧ください。

『ノートルダムの鐘』 解説・考察トップ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください