「ノートルダムの鐘」で歌われるラテン語歌詞の意味

 
こんにちは!

ミュージカル考察ブロガー、あきかん@performingart2)です。
 

劇団四季ミュージカル『ノートルダムの鐘(The Hunchback of Notre Dame)』より「ノートルダムの鐘(The Bells of Notre Dame)」の歌詞を見てみると、ところどころにラテン語が登場します。

主にクワイアが歌うパートですが、せっかくなので理解したいですよね。

『ノートルダムの鐘』で歌われるラテン語の歌は、全てキリスト教のミサで歌われているものの引用です。

どれも神との強い関係性がある歌なので、理解できるとシーンごとの味わいが変わってきますよ。

あきかんの参考資料
「原作を読む前」にコレ!


 

ラテン語が登場する曲

 

ミュージカル『ノートルダムの鐘』でラテン語が登場するのは、次の通りです。

 

  • オーリム/いつか(Olim)
  • ノートルダムの鐘(The Bells of Notre Dame)
  • 神よ、弱き者を救いたまえ(God Help the Outcasts)
  • 地獄の炎(Hellfire)
  • エスメラルダ(Esmeralda)
  • アントラクト/間奏曲(Entr’acte)
  • フィナーレ(Finale)

 

曲を見てみると、こんな時に歌われていることが分かります。

 

  • 神の導きを求める時
  • 神と自分との対峙を歌う時
  • 神の戒めがある時

 

全て「神」と関係がありますが、これはキリスト教のミサが「ラテン語」で歌われることに関係しています。

教会で歌われる歌がベースになっているので、神や大聖堂と関係がある場面でラテン語の曲が登場するんですね。

 

オーリム/いつか(Olim)

 

「オーリム/いつか」は、全てラテン語で歌われています。

 

Olim olim deus accelere
Hoc saeculum splendidum
Accelere fiat venire olim

―ミュージカル “The Hunchback of Notre Dame” より “Olim” (作詞:Stephen Schwartz)

 

とてもシンプルな歌詞ですが、調べたところ2幕で歌われる「いつか(Someday)」と意味が同じだと分かりました。

オープニングから「平等な世界への願い」歌っている部分ですので、しっかり押さえておきましょう。

 

ノートルダムの鐘(The Bells of Notre Dame)

 

『ノートルダムの鐘』で一番耳に残るフレーズといったら「キリエ・エレイソン(Kyrie eleison)」ではないでしょうか。

しかし実はこれ…ギリシャ語なんです(笑)。意味は「神よ、憐れみたまえ」。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

 

ジュアンの死後、残されたフロローとカジモドの背景で歌われるラテン語はこちら。

 

Dies irae
Dies illa
Solvet saeclum
In favilla
Kyrie eleison

―ミュージカル “The Hunchback of Notre Dame” より “The Bells of Notre Dame” (作詞:Stephen Schwartz)

 

意味は「怒りの日、その日は、世界が世界が灰となる日だ。神よ、憐れみたまえ。」。

これは「最後の審判」を元に書かれた聖歌『ディエス・イラエ(Dies irae)』の引用です。

ディエス・イラエ』については、次の記事にまとめていますので、是非併せてご覧くださいね。

 

神よ、弱き者を救いたまえ(God Help the Outcasts)

 

 

地獄の炎(Hellfire)

 

 

エスメラルダ(Esmeralda)

準備中

 

アントラクト/間奏曲(Entr’acte)

準備中

 

フィナーレ(Finale)

準備中

 

 

もっと考察を読みたい方は、こちらから!


それでは皆さん、良い観劇ライフを…

以上、あきかん@performingart2)でした。

『ノートルダムの鐘』 解説・考察トップ






あなたも【ミュージカレッジ】メンバーに!
現在のテーマは『ノートルダムの鐘』


ミュージカルを追究したい!もっともっと考察したい!」メンバーが集まる、有料オンラインサークル。月500円~で、あきかんの「音声」と「限定公開記事」からミュージカルを学ぶことができます。配信ペースは週1~2日です。