『ノートルダムの鐘』によく出る「キリエ・エレイソン」の意味

劇団四季ミュージカル『ノートルダムの鐘(The Hunchback of Notre Dame)』の英語歌詞を見てみると、“Kyrie eleison(キリエ・エレイソン)”というフレーズをよく目にします。

聞き慣れないこのフレーズ。

英語ではなさそうですが、何語で、どういう意味で、どんな時に歌われているのでしょうか?

【ミュージカル“The Hunchback of Notre Dame”/“The Bells of Notre Dame”/作詞:Stephen Schwartz * 劇団四季ミュージカル『ノートルダムの鐘』/「ノートルダムの鐘」/訳詞:高橋知伽江】

 

何の曲で登場するか

 

ミュージカル『ノートルダムの鐘』には、自分が大聖堂の中にいるように錯覚してしまうような曲が数多くありますよね。コーラスがその大きな役割を担っており、荘厳で清らかな空間を作り上げています。

そういった曲は主にラテン語で歌われていますが、中でもよく登場するフレーズがあります。

そう「Kyrie eleison(キリエ・エレイソン)」です。

調べてみたところ、次の歌の中に出てきました。

 

1. The Bells of Notre Dame(ノートルダムの鐘)

2. Hellfire(地獄の炎)

3. Esmeralda(エスメラルダ)

4. Out There 2

 

しかし、どういう意味なのか見当もつかないので調べてみることにしました。

 

キリエ・エレイソンの意味

 

wikipediaでは、次のように説明されていましたよ。

 

キリエ(Kyrie)はギリシア語の κύριος(kyrios – 主)の呼格κύριεをラテン文字で表わしたもので「主よ」を意味する。また、「キリエ」(もしくは「キリエ・エレイソン」)はキリスト教の礼拝における重要な祈りの一つ。日本のカトリック教会では第2バチカン公会議以降典礼の日本語化に伴い、憐れみの賛歌と呼ばれる。日本正教会では「主、憐れめよ」と訳される

キリエ・エレイソン(wikipedia)

 

Kyrie eleison(キリエ・エレイソン)は、キリスト教の礼拝において重要な祈りの1つで「主、憐(あわ)れめよ」という意味なんですね。

確かに、このフレーズが歌われる曲を振り返ってみると、どれも慈悲を乞うシーンで歌われていることが分かります。

こういう細かいフレーズまでしっかり理解出来ると、そのシーンをより深く感じとることができますよね。

是非もう一度、歌詞をチェックした上で観劇しましょう。

 

その他“The Bells of Notre Dame(ノートルダムの鐘)”の歌詞解説や、ミュージカル『ノートルダムの鐘』についてはこちらの記事をご覧ください。



★ ミュージカル映画や原作になった作品がAmazonプライム会員で観放題!無料お試しや、学生限定プランも!登録はこちらから→Amazonプライム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください