『ノートルダムの鐘』のメッセージ、英語と日本語で異なるニュアンス

劇団四季ミュージカル『ノートルダムの鐘(The Hunchback of Notre Dame)』より“The Bells of Notre Dame(ノートルダムの鐘)”の英語歌詞を見てみると、観客に対して「怪物とは何か、人間とは何か」と問いかける歌詞があります。

この問いかけは作品の根本的なメッセージになりますが、日本語と英語で表現が異なるのをご存知でしたか?

【ミュージカル“The Hunchback of Notre Dame”/“The Bells of Notre Dame”/作詞:Stephen Schwartz * 劇団四季ミュージカル『ノートルダムの鐘』/「ノートルダムの鐘」/訳詞:高橋知伽江】

 

歌詞の比較

 

『ノートルダムの鐘(The Hunchback of Notre Dame)』のオープニングとエンディングで問いかけられるこのフレーズ。

オープニングとエンディングで全く同じフレーズであるにも関わらず、演出によって人間と怪物の差を「表面」と「内面」から考えさせられる一文になっています。

本作品におけるこの重要なメッセージですが、日本語と英語とでは意味が変わってきます。

それぞれの違いを押さえておきましょう。

 

日本語

 

まずは日本語歌詞から見ていきましょう。

 

答えて欲しいなぞがある
人間と怪物
どこに違いがあるのだろう

さあ高らかに
鳴り響け
鐘よ ノートルダム

―劇団四季ミュージカル 『ノートルダムの鐘』 より 「ノートルダムの鐘」(訳詞:高橋知伽江)

 

注目すべき点はここです。

 

・答えてほしい

・なぞがある

・人間と怪物/どこに違いがあるのだろう

 

英語

 

一方の英語歌詞はこうなっています。

 

Now here is a riddle to guess if you can
Sing the bells of Notre Dame
What makes a monster
And what makes a man?

Sing the bells,
Bells, bells,
Bells, bells, bells, bells, bells,
The bells of Notre Dame

―ミュージカル“The Hunchback of Notre Dame”より “The Bells of Notre Dame”(作詞:Stephen Schwartz)

 

注目すべき点はここです。

 

・guess if you can

・riddle

・What makes a monster/And what makes a man?

 

違いを解説

「なぞ」と“riddle”

 

まずは「なぞ」と“riddle”ですね。

日本語では“riddle”が「なぞ」と訳されていますが、“riddle”とは「なぞなぞ」の意味があります。

なので、この日本語訳の「なぞ」を「不可解なもの・迷宮」というニュアンスで理解してしまうと、少し意味が重たくなりすぎてしまうんですね。

よって、問いは「なぞなぞなんだ」ということをまずは押さえておきましょう。

 

「答えてほしい」と“guess if you can”

 

次に「答えてほしい」と“guess if you can”です。

日本語だと「答えてほしい」となっていますから、ニュアンス的押しの強い一文になっています。

しかし英語は“guess if you can”です。

guess”には「言い当てる・解き当てる」という意味があり、“if you can”は「もし(あなたが)できるならば」です。

ですから、英語は引きのスタンスなんで「もし当てられるなら当てて欲しいんだけどね」というニュアンスになります。

 

「どこに」と“what makes”

 

最後に一番注目して頂きたい部分の比較です。フレーズごともう一度見てみましょう。

 

・人間と怪物/どこに違いがあるのだろう

・What makes a monster/And what makes a man?

 

日本語は「人間」と「怪物」という存在を予め提示した上で「どこに違いがあるか」と問いかけています。

一方の英語は「何が~を作るのか」という表現になっていて、「何が怪物を作り、何が人間を作るのか」と歌っています。

つまり「怪物を作るものは何で、人間を作るものは何なのか」ということを問いかけているのです。

 

 

英語の方が軽いからツラい!

 

日本語と英語では表現が異なること、ご理解いただけたのではないでしょうか?日本語は、

 

・「人間と怪物ではどこに違いがあるのか」というなぞを答えてほしい

 

という意味合いですが、英語はそうではありません。

 

・さて、ここになぞなぞを1つ。あなたは当てられるかな?「何が怪物をつくり、そして何が人間を作るのか」を。

 

ここをより解釈しやすくするとしたら、「何を怪物と呼び、何を人間と呼びますか?」ということでしょう。

クロパンによって発せられるこのフレーズは、言い回しがとても軽く、とても軽やかに歌われます。

しかし、だからこそその問いの重さをズドンと感じませんか?

 

『ノートルダムの鐘(The Hunchback of Notre Dame)』には外見の醜いカジモドと、自分の欲を優先してしてしまうフロローが登場します。

なぞなぞに対するヒントはこの2人でしょう。

クロパンが提示するこのなぞなぞ…。あなたなら何と答えますか?

 

その他“The Bells of Notre Dame(ノートルダムの鐘)”の歌詞解説や、ミュージカル『ノートルダムの鐘』についてはこちらの記事をご覧ください。


『ノートルダムの鐘』 解説・考察トップ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください