“I’m here. Nowhere.” とホームレスの言葉

東宝ミュージカル『レント(RENT)』より “You Okay Honey?” の英語歌詞を見てみると、冒頭がホームレスの歌う歌になっています。

難しいフレーズではありませんが、マークが “Take Me Or Leave Me” で言う台詞 “I’m here. Nowhere.” と比較してみると、見えてくるものがありました。

この歌詞を見た時にまず感じたのは、ホームレスの “Somewhere else! Not here” と “Take Me Or Leave Me” でマークが言う “I’m here. Nowhere.” が似ているなということ。こういうところを発見してしまうと、比較したくなるのが私の性…

ということで、それぞれの言葉を1つずつ理解しながら見ていきたいと思います。

Music from the Musical・作品名:レント(RENT)
・曲名:You Okay Honey?
・訳詞:Jonathan Larson
アルバム視聴/楽譜/台本 ・アルバム(英語):Rent
・楽譜:

・台本:

台詞のおさらい

You Okay Honey?” の冒頭は、ホームレスの男性による次の歌で始まっています。

 

A HOMELESS MAN:
Christmas bells are ringing
Christmas bells are ringing
Christmas bells are ringing
Somewhere else!
Not here
―ブロードウェイミュージカル “RENT” より “You Okay Honey?” (作詞:Jonathan Larson)

 

“Christmas bells are ringing(クリスマス・ベルが鳴っている)” …けれども、ホームレスの置かれている環境はどのようなものでしょうか?

 

ホームレスとマークのフレーズを比較してみる

ホームレスの言葉

まず、ホームレスのフレーズから見ていきましょう。

 

  • Somewhere else!
  • Not here

 

somewhere” は「どこか」、 “else” は「他の」、 “here” は「ここ」ですから、意味はこのようになります。

 

  • Somewhere else!…どこか別の場所で
  • Not here…ここではない

 

意味合いとしては、「クリスマス・ベルが鳴っている/どこかで/(でも確実に)ここではない(場所で)」ということでしょう。

これを深読みしていくとどうなるか…

“here” とは「自分が置かれている状況」のことだと言えます。ですから、拡大解釈をすれば “here” はホームレス男性自身で、 “somewhere” とは自分でない他の人たちのことです。

つまり自分の置かれている状況をひがんでいるんですね。

クリスマスでも自分の置かれている状況は変わらない、楽しい気持ちになることはない、自分の身の回周りでクリスマス・ベルが鳴ることもない…こういったことをひがんで歌っています。

 

 

マークの言葉

では、このホームレス男性の言葉に似ているフレーズのマークの言葉を見てみましょう。

 

  • I’m here.
  • Nowhere.

 

“somewhere” → “nowhere” 、 “not here” → “I’m here” と構成が似ているものが順序逆で使われています。これは意識してこのようになったのでしょうか…?真相は定かではありませんが、私は意識して書かれた台詞だと信じています。

Take Me Or Leave Me” でマークが言うこの台詞は、「僕はここにいる。どことも言えないこの場所に。」という意味です。とても哲学的で印象的な台詞ですよね。

「誰のもとにいる訳でもないけれども、僕は今ここに生きている。それはどことも言えない場所だ。」ということだと私は考えています。

詳しい考察は次の記事をご覧くださいね。

 

共通点

この2つのフレーズを比較してみて、どちらにも共通すると感じた点は “here” の概念です。これは「今、自分自身が置かれている状況」や「自分自身」を指しています。そして “somewhere” も “nowhere” も「here(ここ)” ではない場所」を指しています。

これはRENTを通して言えることですが、このミュージカルからは「今、ここに、生きている」という強いメッセージや想いを感じずにはいられません。登場人物がどんな環境下にあったにせよ…です。

こういった内容をぎゅっと “here” に凝縮させ、 “somewhere” や “nowhere” と比較させることで “here” を際立たせる…そういった効果がこのたった2行から感じ取れます。

日本語もそうですが、シンプルなフレーズほど深みと味があります。こういった部分を見過ごさないことが、作品をより深く味わうことにつががりますよ。

 


『レント』 解説・考察トップ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください