『アラジン』の「ジーニー」。実は名前ではなかった?単語の意味は?

劇団四季ミュージカル『アラジン(Aladdin)』に登場する魔法のランプの精、ジーニー。今まであまり深く考えたことはありませんでしたが、彼の名前にはどのような意味があるのでしょうか?

※名前の意味は諸説あるかと思いますが、今回はThink Baby NamesThe Name Meaningいうサイトを参考にさせていただいています。

一般的には?

まず、一般的にはどのような意味があるのかを調べてみたところ、このように説明されていました。

 

Genie as a girls’ name is of Greek and Hebrew origin, and Genie means “noble aristocrat; God is gracious“.
Genie(Think Baby Names thinking of names?)

 

名前の起源はギリシャ語とヘブライ語で、意味は「気高い貴族、神は慈悲深い」。

 

The meaning of Genie is “Of noble descent”.
Genie(The Name Meaning)

 

「高貴な生まれ」という意味。

 

いずれも、高貴な存在であることや、神と関係しているといったことを伺わせます。

 

イスラム教と関係が?

そこでふと、「あれ、ジーニーって確か精霊とか、そういう意味なかったっけ?」と思い出したんですよね。何だか、そういった話を聞いたことがあるような気がするんです。そこで、アラジンのキャラクターについて説明しているwikipediaへ行ってみると、このように書かれていました。

 

Genie is a jinni and is never given a proper name.
List of Disney’s Aladdin characters(wikipedia)

 

「ジーニーとはjinniのことで、正確な名前は授けられていない」とのこと。ほぅ、なるほど。とすると、英語表記の“Genie”とはニックネームのようなものだったんですね。そして、そのニックネームの由来となっているのが“jinni(ジン)”。

この「ジン」というのは、実はイスラム教と深い関係のある存在なんです。

 

ジン(アラビア語: جن‎, ラテン文字転写: jinn、英仏 jinn, djin,日本語の翻訳のクルアーンの漢字:幽精、妖霊)とは、アラブ世界で人にあらざる存在であり、なおかつ人のように思考力をもつとみなされる存在、すなわち精霊や妖怪、魔人など一群の超自然的な生き物の総称である。
イスラーム以前からいわば俗信としてアラブ人に信じられてきたが、イスラム以降、クルアーンがその存在を否定せずに認めているため、神学などで盛んに論じられるようになった。一般的には千夜一夜物語(アラジンと魔法のランプ)に登場するランプの精が有名である。
ジン(wikipedia)

 

説明を読むと、まさに『アラジン』のジーニーを彷彿させるものがありますね。アラジンはアラブとインドの世界観が融合された作品ですし、ジーニーは人ではないが、そのように思考しますもんね。

凄いなぁ、名前ってちゃんと意味を持って名付けられているんですね!

 

 

【フォロー大歓迎です!】

*twitter→LOVE performing arts (@performingart2)
*instagram→akikan(@love_performing_art2)

ブロードウェイ ホームページ

劇団四季 ホームページ

『アラジン(Aladdin)』曲一覧

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

[CD] アラジン ブロードウェイ・ミュージカル版
価格:1933円(税込、送料別) (2018/4/10時点)


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

[CD] 劇団四季/アラジン BROADWAY’S NEW MUSICAL COMEDY
価格:2391円(税込、送料別) (2018/4/10時点)