アラジンをよりカッコよくする、英語歌詞内のフレーズとは②

劇団四季ミュージカル『アラジン(Aladdin)』より“One Jump Ahead(逃げ足なら負けない)”の英語歌詞を見てみると、曲の題名と同じ“one jump ahead”というフレーズがよく出てきます。

これに似せた形のフレーズを多用することで、よりスピード感のある歌詞になっていますよ。

おさらい

前回は、“One Jump Ahead(逃げ足なら負けない)”に出てくる“one jump ahead”というフレーズを詳しくご説明しました。

今回は、そのフレーズから派生したフレーズを紹介することになりますので、まずはこちらの記事で“one jump ahead”の意味をしっかりと押さえましょう!

 

“one ~ ahead”に注目

 

さて、“one jump ahead”の意味が分かったところで、歌詞を1つ1つ見ていきましょう。英語歌詞では“one jump ahead”というフレーズ(もしくはそれに似たフレーズ)で約3分の1が構成されています。

今回はその、似たフレーズの部分(赤字箇所)に着目していきますね。まず、どんなフレーズがあるか抜き出してみたのでぞれぞれ見てみましょう。

 

One jump ahead of the breadline
One swing ahead of the sword

One jump ahead of the lawmen

One jump ahead of the slowpokes
One skip ahead of my doom

One jump ahead of the hitmen
One hit ahead of the flock

One jump ahead of the hoofbeats

One hop ahead of the hump

One trick ahead of disaster
―ミュージカル “Aladdin” より “One Jump Ahead”

 

全部で5箇所ありますが、この全てが“one jump ahead”ではなく、“one ~ ahead”で表現されていますね。これは、語呂的にも合いますし、良い具合にスピード感が表現されています。

 

意味を読み解こう!

では、それぞれどういう意味になるのでしょうか?

  • One swing ahead of the sword
    ⇒剣の一振りよりも前にいて
  • One skip ahead of my doom
    ⇒自分の運命を一つ飛び越えて
  • One hit ahead of the flock
    ⇒信者の群れにに行き当たって
  • One hop ahead of the hump
    ⇒(ラクダの?)こぶを一つ越えて
  • One trick ahead of disaster
    ⇒大惨事を一つごまかして

いかがでしたか?

いつも何かを先回りして、スレスレのところもすり抜けていくアラジンの様子が手に取るように分かる表現だと分かりましたね。

*良い記事だと思って下さった方、是非「いいね!」をお願い致します*
*facebookページへ参加して下さる方はこちらから→LOVE performing arts
*twitterをフォローして下さる方はこちらから→LOVE performing arts (@performingart2)

「なるほど!」と思ったらシェア♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です