フィーバスが行っていた戦場の様子

劇団四季ミュージカル『ノートルダムの鐘(The Hunchback of Notre Dame)』より“Rest and Recreation(息抜き)”の英語歌詞を見てみると、フィーバスが行っていた戦場の様子が歌われていると分かります。

どのような環境下に身を置いていたのでしょうか?

 

歌詞のおさらい

一気に曲のトーンが変わるパートですね。ちょっと軍歌のような印象を受けますよね。ザッザッと行進している足音が背景に聞こえそうです。

 

SOLDIERS’ VOICES:
Cannon fodder lying in the field below the castle
Is this the third week or the fourth week of the siege?
The air filled with the stench
Of bodies in a trench
Whoever pays the most I call “my liege
Summoned here to Paris now, I’m far away from battle
From clotting blood and rotting wounds of dead and dying men

PHOEBUS & SOLDIERS’ VOICES:
And whatever I do
I’ll make sure this is true

PHOEBUS:
I will never go back again!
―ミュージカル “The Hunchback of Notre Dame” より “Rest and Recreation”

 

悲惨な戦場

軍人たちが口にしているのは悲惨な戦場の状況です。改行を整理して、どのようなことが歌われているか見てみましょう。

 

  • Cannon fodder lying in the field below the castle…城のふもとで横たわっている兵士たち
  • Is this the third week or the fourth week of the siege?…今は包囲攻撃の3週目、それとも4週目なのか?
  • The air filled with the stench of bodies in a trench…堀の中の死体が発する悪臭で満たされる空気

 

…どうですか?戦場の様子が手に取るように分かりますよね。視覚的にも、時間的にも、嗅覚的にも苦痛でなりません。

そしてパリへ召喚され戦場から離れた時のことを、彼らどう表現しているかというとこうです。

 

  • I’m far away from battle from clotting blood and rotting wounds of dead and dying men…闘いから離れ、血の塊や死人や死にかけている男たちの腐りゆく傷から離れ

 

凄まじい表現ですよね。でもこれが現実、これが戦場の現実です。

そしてフィーバスが何を宣言するか…“I will never go back again!(もう二度と戻らない!)”ですね。ここ、パリに戻って来れたことをものにし、戦場に戻ることのないようこれを現実とする。そう言い切るほど、戦争というのは想像を絶する場所だというのが体感できます。

 

*良い記事だと思って下さった方、是非「いいね!」をお願い致します
*facebookページへ参加して下さる方はこちらから→LOVE performing arts
*twitterをフォローして下さる方はこちらから→LOVE performing arts (@performingart2)

♪『ノートルダムの鐘(The Hunchback of Notre Dame)』の曲一覧はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください