『ハミルトン』の原作は難しい…という方に手に取って欲しい本

ミュージカル『ハミルトン(Hamilton)』は、とても緻密に構成されたミュージカルですよね。

原作はロン・チャーナウの『Alexander Hamilton』だということをご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、ミュージカル『ハミルトン(Hamilton)』についてよく知りたいという方は、是非『Hamilton: The Revolution 』を手元に持っておきましょう。

持っていて損することはない1冊ですよ。

アルバムを視聴する/楽譜を見る ・アルバム(英語):Hamilton
・カラオケ:The Hamilton Instrumentals
・楽譜:

 

ミュージカル『ハミルトン(Hamilton)』の原作は、ロン・チャーナウの『Alexander Hamilton』です。

しかし「原作を読もうと思うほど気力はないんだよな。アレクサンダー・ハミルトンという人物について詳しくなりたいという訳でもないし…」という方も多いと思います。

 

そこでハミルトンの人物像よりも、ミュージカル『ハミルトン(Hamilton)』についてよく知りたいんだという方は『Hamilton: The Revolution 』を1冊購入することをお勧めします。

全編英語厚さ4センチ287ページにも及ぶ分厚い本ですが、次のようなことがまとめられているので、とても読み応えがあります。

 

・ 『ハミルトン』ができるまで

 

・ 歌詞ができるまで、歌詞を書いた意図、歌詞の変更点

 

・ 制作秘話

 

・ 『ハミルトン』スタッフ、キャストのこと

 

もちろん、舞台写真やオフショットも豊富に掲載されているので、パンフレットを買うよりも断然お得感があります。

私もブロードウェイに観に行った時は、パンフレットを買わずこの本を買ったくらいです。

 

 

とはいえ「さすがにこの量を読み切るのは無理」「英語が苦手だから…」「要点だけかいつまんで知りたいな」という方もいらっしゃるでしょう。

そんな方のために、私のnote「あきかんの中身」でこの本の内容を解説しています。

『ハミルトン(Hamilton)』についてもっとよく知りたいという方は、是非お読みくださいね。

 


『ハミルトン(Hamilton)』の登場人物と相関図はこちらをご覧ください。

『ハミルトン(Hamilton)』のオリジナルキャストはこちらをご覧ください。

『ハミルトン(Hamilton)』 解説・考察トップ







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください