『ハミルトン』の原作は難しい…という方に手に取って欲しい本

 
こんにちは!

ミュージカル考察ブロガー、あきかん@performingart2)です。
 

ミュージカル『ハミルトン(Hamilton)』は、とても緻密に構成されたミュージカルですよね。

原作はロン・チャーナウの『Alexander Hamilton』だということをご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、ミュージカル『ハミルトン(Hamilton)』についてよく知りたいという方は、是非『Hamilton: The Revolution 』を手元に持っておきましょう。

持っていて損することはない1冊ですよ。

あきかんの参考資料
リン=マニュエル・ミランダの声で学ぶ!

『ハミルトン』の舞台製作過程本 "Hamilton : The Revolution" を、リン=マニュエル・ミランダと共同執筆者であるジェレミー・マッカーターの音読で聴くことができます

audibleなら最初の1冊は無料!

音読だけでは物足りない方は、こちらの本もご用意下さい!

 

ミュージカル『ハミルトン(Hamilton)』の原作は、ロン・チャーナウの『Alexander Hamilton』です。

しかし「原作を読もうと思うほど気力はないんだよな。アレクサンダー・ハミルトンという人物について詳しくなりたいという訳でもないし…」という方も多いと思います。

 

そこでハミルトンの人物像よりも、ミュージカル『ハミルトン(Hamilton)』についてよく知りたいんだという方は『Hamilton: The Revolution 』を1冊購入することをお勧めします。

全編英語厚さ4センチ287ページにも及ぶ分厚い本ですが、次のようなことがまとめられているので、とても読み応えがあります。

 

・ 『ハミルトン』ができるまで

 

・ 歌詞ができるまで、歌詞を書いた意図、歌詞の変更点

 

・ 制作秘話

 

・ 『ハミルトン』スタッフ、キャストのこと

 

もちろん、舞台写真やオフショットも豊富に掲載されているので、パンフレットを買うよりも断然お得感があります。

私もブロードウェイに観に行った時は、パンフレットを買わずこの本を買ったくらいです。

 

 

とはいえ「さすがにこの量を読み切るのは無理」「英語が苦手だから…」「要点だけかいつまんで知りたいな」という方もいらっしゃるでしょう。

そんな方のために、私のnote「あきかんの中身」でこの本の内容を解説しています。

『ハミルトン(Hamilton)』についてもっとよく知りたいという方は、是非お読みくださいね。

 


それでは皆さん、良い観劇ライフを…

以上、あきかん@performingart2)でした。

『ハミルトン(Hamilton)』 解説・考察トップ






あなたも【ミュージカレッジ】メンバーに!
現在のテーマは『ノートルダムの鐘』


ミュージカルを追究したい!もっともっと考察したい!」メンバーが集まる、有料オンラインサークル。月500円~で、あきかんの「音声」と「限定公開記事」からミュージカルを学ぶことができます。配信ペースは週1~2日です。