ミュージカル好きな学生は英語に強い!有名作品の英語台本一覧

私(あきかん)が運営するブログ、LOVE performing arts。

ここに集う多くの方が、次のような理由でブログを読んでくださっています。

・ 作品をより深く理解するために、歌詞で英語を勉強している。

 

・ 舞台関係の仕事に就くために、日々努力をしている。

 

つまり、知的好奇心を満たすための努力を惜しまなかったり、将来のために懸命に努力していたりする方が多く集っています。

そんな努力家の皆さんが、歌詞以外の方法で楽しく英語を勉強をするとしたら何なのか…そんなことを考えていた時、気付きました。

 

・ ミュージカル台本を読んだらいいじゃないか!

 

・ 舞台制作本(舞台ができるまでをまとめた本)を読んだらいいじゃないか!

 

これ、まさに日々私がやっていることです(灯台下暗し)。

ミュージカル関連の英語本を読めば読むほど、1作品に対する理解度は当然深まりますし、英語力も身につきます

日々ミュージカルに触れている方なら、学校の教科書や英会話スクールで勉強するよりも、圧倒的に身近な題材で楽しいはず。

 

この記事では、ブロードウェイヒット作品を始め、日本でも上演のある作品を主に取り上げています。

また、Audible(オーディブル)という、朗読音声配信ツールを使えば、ネイティブの朗読をヒアリングしながら読み進めることの出来る本もあるのでオススメです。

ちなみに『ハミルトン』の舞台制作本 “Hamilton: the Revolution” は、この本を共同執筆している Lin-Manuel Miranda(リン=マニュエル・ミランダ)Jeremy McCarter(ジェレミー・マッカーター)のナレーションで聴くことができるんです!なんと、まぁ、贅沢な…!(私は最近聞き始めました)

Audibleは30日間の無料体験もあるので、集中してリーディングとリスニングを強化したいという方は、是非活用してくださいね。

 

台本

 

ここで紹介するのは、ミュージカルの台本です。

作品の始まりから終わりまで、歌詞はもちろん、台詞も全て書かれています。

私だったら、こんな風に使います:

 

・ 歌の前後にどんな台詞・会話があったか調べる

 

・ 観劇を重ねて、日本版と英語版の台詞がどのように異なるか比較してみる

 

・ 台詞から物語をさらに深掘りしていく

 

・ 役になりきって声に出して読んでみる

 

1作品分の長さなので、文量は負担に感じないはずですよ。

 

A Chorus Line /コーラスライン

 

・ 作品紹介:コーラスライン(劇団四季)

 

Avenue Q: the Musical/アベニューQ

 

・ 作品紹介:アベニューQ(wikipedia)

 

Hairspray/ヘアスプレー

 

・ 作品紹介:ヘアスプレー(LOVE performing arts)

 

In the Heights/イン・ザ・ハイツ

 

・ 作品紹介:イン・ザ・ハイツ(あっとブロードウェイ)

 

Memphis/メンフィス

 

・ 作品紹介:メンフィス(あっとブロードウェイ)

 

RENT/レント

 

・ 作品紹介:レント(LOVE performing arts)

 

Sweeney Todd/スウィーニー・トッド

 

・ 作品紹介:スウィーニー・トッド(wikipedia)

 

The Book of Mormon/ブック・オブ・モルモン

 

・ 作品紹介:ブック・オブ・モルモン(あっとブロードウェイ)

 

The King and I/王様と私

 

・ 作品紹介:王様と私(wikipedia)

 

The Sound of Music/サウンド・オブ・ミュージック

 

・ 作品紹介:サウンド・オブ・ミュージック(LOVE performing arts)

 

tick, tick … BOOM!/チック・チック・ブーン!

 

・ 作品紹介:チック・チック・ブーン!(ミュージカルの部屋)

 

舞台制作本

 

ここで紹介するのは、ミュージカルの舞台制作本です。

作品自体の理解はもちろん、作品がどのようにして生まれたのか…ということが分かるので「このミュージカルが好きで仕方ないんだ!」という熱い想いをお持ちの方にオススメです。

文量はかなりありますが、読み応えはバツグン。

自力で読めば情報量はもとより、リーディングスキル語彙力が身につくこと間違いなしです。

Audibleで朗読してもらえる作品もあるので、リスニングスキルの向上リーディングスピードの向上も見込めます。

舞台制作を目指す方にも、是非読んで欲しい種類のミュージカル本ですね。

 

Aladdin/アラジン

 

・ 作品紹介:アラジン(LOVE performing arts)

 

Come From Away/カム・フロム・アウェイ

 

♪ ヒアリングしながら読んでみる:Audible(30日間の無料体験有)

 

・ 作品紹介:カム・フロム・アウェイ(あっとブロードウェイ)

 

Dear Evan Hansen/ディア・エヴァン・ハンセン

 

♪ ヒアリングしながら読んでみる:Audible(30日間の無料体験有)

 

・作品紹介:ディア・エヴァン・ハンセン(あっとブロードウェイ)

 

Hamilton/ハミルトン

 

♪ ヒアリングしながら読んでみる:Audible(30日間の無料体験有)

Lin-Manuel Miranda(リン=マニュエル・ミランダ)と Jeremy McCarter(ジェレミー・マッカーター)のナレーションで聴くことができます!

 

・ 作品紹介:ハミルトン(LOVE performing arts)

 

Harry Potter and the Cursed Child/ハリー・ポッターと呪いの子

 

・ 作品紹介:ハリーポッターと呪いの子(あっとブロードウェイ)

 

RENT/レント

 

・ 作品紹介:レント(LOVE performing arts)

 

The Phantom of the Opera/オペラ座の怪人

 

・ 作品紹介:オペラ座の怪人(LOVE performing arts)

 

Wicked/ウィキッド

 

・ 作品紹介:ウィキッド(LOVE performing arts)

 

パンフレット

 

台本も舞台制作本もちょっとハードルが高いな…という方にはパンフレットがオススメです。

観劇前後の予習・復習を英語でする…といった感覚で使ってみてください。

 

Beauty and the Beast/美女と野獣

 

・ 作品紹介:美女と野獣(劇団四季)

 

Mary Poppins/メリーポピンズ

 

・ 作品紹介:メリーポピンズ(あっとブロードウェイ)

 

The Lion King/ライオンキング

 

♪ ヒアリングしながら読んでみる:Audible(30日間の無料体験有)

 

・ 作品紹介:ライオンキング(LOVE performing arts)

 

The Little Mermaid/リトルマーメイド

 

・ 作品紹介:リトルマーメイド(劇団四季)

 

是非、ミュージカル好きのあなたにしか出来ない勉強法を構築してくださいね!

そして私と一緒に、ミュージカルスキルも英語スキルも高めていきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください