クロパンの歌う人種問題の提起…短く、明確なその内容とは?

劇団四季ミュージカル『ノートルダムの鐘(The Hunchback of Notre Dame)』より“In a Place of Miracles(奇跡もとめて)”の英語歌詞を見てみると、ジプシーというの人種について触れられているパートがあります。

日本語以上に重みのある英語フレーズの意味を知りましょう。

【ミュージカル“The Hunchback of Notre Dame”/“In a Place of Miracles”/作詞:Stephen Schwartz * 劇団四季ミュージカル『ノートルダムの鐘』/「奇跡もとめて」/訳詞:高橋知伽江】

 

歌詞の比較

 

かすかな光、かすかな希望が差すような曲In a Place of Miracles(奇跡もとめて)”。

登場人物がそれぞれの感情歌いますが、中でもクロパンのパートが印象的です。

いつもならば人を小馬鹿し、嘲るような内容を歌いますが、ここでは目前にある現実問題を歌っています

 

日本語

 

クロパン:
さすらいの旅へ
迎えてくれる
国はどこに

ジプシーたち:
奇跡もとめて

―劇団四季ミュージカル 『ノートルダムの鐘』 より 「奇跡もとめて」(訳詞:高橋知伽江)

 

英語

 

Clopin:
Romanis again must roam
Could there be country
Kinder to our race?

Gypsies:
In a place of miracles

―ミュージカル“The Hunchback of Notre Dame”より “In a Place of Miracles”(作詞:Stephen Schwartz)

 

クロパンの訴える人種差別

 

“Romanis”とは「ロマ」のこと、つまり「ジプシー」のことを指しています。

そんなジプシーについて、クロパンはこう歌っています。

 

・ロマ(ジプシー)達は、また放浪しなければならない

・この世に国は存在するのだろうか

・我々のような人種を受け入れてくれる心の広い国は

 

日本語では内容を凝縮されていますが、英語だと質問形式になっており、人種差別の問題をより深く、重く感じられます

この問題提起、あなたはどう受け取りますか?

 

ジプシー(ロマ)についての詳細は次の記事をご覧くださいね。

 

その他“In a Place of Miracles(奇跡もとめて)”の歌詞解説や、ミュージカル『ノートルダムの鐘』についてはこちらの記事をご覧ください。



★ ミュージカル映画や原作になった作品がAmazonプライム会員で観放題!無料お試しや、学生限定プランも!登録はこちらから→Amazonプライム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください