【TYO】首都圏旅行 JR・新幹線+宿泊プラン

激レアな『キンキーブーツ』グッズ!劇場では手に入らないクッションを紹介

あきかん

こんにちは!

ミュージカル考察ブロガー、あきかん(@performingart2)です。

ミュージカル『キンキーブーツ(Kinky Boots)』は、日本でも大人気のミュージカルです!

キンキーブーツ(Kinky Boots)』が好きすぎて「グッズは揃えておきたい!」という方も少なくないでしょう。

そんなあなたに、日本では手に入らないグッズを紹介します。

主人公チャーリー・プライスのモデルとなった、スティーヴ・ペイトマン(Steve Pateman)が販売しているクッションですよ!

『キンキーブーツ』の解説・考察本を執筆しました!

「プライス社は実在したのか?」「キンキーブーツは工場を救ったのか?」

そんな疑問を解消しながら、ミュージカル『キンキーブーツ』の魅力に迫る考察本。映画とミュージカルを比較しながら、実話、時代背景、ジェンダーの3視点から作品に切り込んだ1冊です。

Kindle(電子書籍)ペーパーバック(紙書籍)、いずれも Amazon で販売中。

Kindle Unlimitedを初めてご利用の方は、体験期間中に0円で読書可能

激レアな『キンキーブーツ』グッズ…とは?

今回紹介するのは、『キンキーブーツ(Kinky Boots)』の実話が気になりすぎてリサーチしていたところ、出会った一品です。

結論から言うと、実話に感動しすぎて、作品のモデルとなったスティーヴご本人に熱烈アプローチをしたところ、日本からの購入が可能となりました

イギリスからの送料はバカにならないですが、価値のあるクッションです。

チャーリー・プライスのモデル、スティーヴ・ペイトマンが販売

『キンキーブーツ』の魅力。

それは廃業寸前の靴工場が、ドラァグ・クイーンのローラと出会い、再起を図っていくという物語にあります。

その中で、チャーリー・プライスの柔軟さとたくましさに、勇気をもらった方も多いのではないでしょうか。

キンキーブーツ(Kinky Boots)』は、実話を基にしたミュージカルです。モデルとなった工場はイギリスのアールズ・バートンにあったブルックス社(W.J. Brookes Ltd)で、チャーリー・プライスのモデルはスティーヴ・ペイトマン(Steve Pateman)といいます。

私はミュージカル『キンキーブーツ(Kinky Boots)』を観てから、ミュージカルよりも実話に興味を持ち、情報収集をしていました。

そんな時にスティーヴの著書と出会い、彼が『キンキーブーツ』ファン向けに手作りクッションを販売していることを知りました。

工場のピンチをチャンスに変えたスティーヴは、チャーリー以上にチャーミング、柔軟、そして行動力のある方です。

スティーヴはこのクッションを、このように呼んでいます。

  •  Made in Northamptonshire for true fans of the Kinky Boots story!:ノースハンプトンシャーで作られた、真の『キンキーブーツ』ファン向け!

実話を知りたいと思わなければ、スティーヴの存在は知らないわけですし、スティーヴをもっと知りたいと思わなければ、このクッションには出会えませんから、まさに真のファン向けと言えるでしょう。

このクッションを知った経緯は、こちらの音声でお話ししています。

真のファン向けグッズ「ブーツ柄の手作りクッション」

スティーヴがホームページで販売しているのは、ブーツ柄の手作りクッション。

デザインは真っ赤なロングブーツ、スケッチ柄、そして工場の看板などがあります。

ホームページでは「オシャレなキンキーブーツ・クッション:どんな『キンキーブーツ』ファンにもぴったり:ノースハンプトンシャーで作られた、手作りのキンキーブーツ・クッション」と紹介されています。

Luxury Kinky Boots Cushions
Hand crafted, made in Northamptonshire; the perfect treat for any Kinky Boots fan.

Boss In Boots

また、クッションの通販ページには「手作業で作られ、受注生産」とありました。

These Cushions are hand finished and made specifically to order!

Boss In Boots – Steve Pateman

1つ1つ丁寧に作られていることが分かりますね。

スティーヴ・ペイトマンとやりとりし、日本でも買えるように!

ミュージカル『キンキーブーツ(Kinky Boots)』以上に、スティーヴの虜になった私は、早速クッションが欲しくなりました。

そして、早速買おうと購入まで進むと…配達先に日本が…ない

しかし、ここで諦めないのが LOVE performing artsのあきかんです。

素早く行動に出ました。はい、スティーヴにメールをしました。(この時ほど、ブログ名が英語で良かったと思ったことはありません…)

日本で『キンキーブーツ(Kinky Boots)』は大変人気があること、実話がとても魅力的だったこと、そしてクッションが欲しいこと…そんなことをしたためて、メールを送信。

すると、スティーヴは3日ほどで返信をくれ「日本でも購入出来るようにしよう」と言ってくださったのです!

私は痛感ました。

このスピード、この柔軟性、そしてこの寛大さ。これがチャーリー・プライスのモデルなんだな…と。

* 2020年12月31日 現在:Italy の次は Jersey になっています。

* 2021年2月14日 現在:Italy の 次が Japan に!

クッションの値段・サイズ・素材は?

スティーヴ・ペイトマンのホームページで販売されているクッションの値段は次の通りです。

(以降、£1≒150円で換算:2021/2/16現在)

  •  Cushion(クッション):£25.00(約3,750円)
  •  Japan – Cushion Shipping(クッションの送料):£18.00(約2,700円)

合計して約6,450円とクッションにしてはお高めですが、イギリスから日本までの送料を考えると、ごもっともな値段です。

私が読んでいる実話本 “Boss in Boots” は、ホームページから購入することもできます。

  • Boss in Boots Book Standard(本 “Boss in Boots”):£12.50(約1,875円)
  • Boss in Boots Book – Signed Copy(本 “Boss in Boots”/サイン入り):£15.00(約2,250円)
  • Japan – Book Shipping (本の送料):£9.00(約1,350円)

私はKindle版で購入しました。電子書籍に抵抗がない方は、送料の発生しないKindleの方がお得ですよ。

なお、スティーヴ・ペイトマンのホームページからクッションや本を購入する場合、送料は1点ごとかかります。まとめての発送は受け付けていませんので、予めご了承ください。(2021/3/6 現在)

『キンキーブーツ』クッションの購入方法

クッションの購入方法を説明していきます。

「クッションのサイズ、質感などを先に知りたい」という方は、本記事後半でご確認下さい。

購入に必要なものは次の通りです。

  •  メールアドレス(受注確認、発送確認のメールが届く)
  •  住所
  •  クレジットカード

では、早速クッションの購入方法を見ていきましょう。

1. スティーヴのホームページより商品一覧ページにアクセス

2. 好きなクッションの画像をタップ。

3. 金額(£25.00)、数量(Quantity)を確認し「PURCHASE(購入)」をタップ。

4. 「1. Your Email(あなたのメールアドレス)」をタップすると、入力項目が表示される。

メールアドレスを入力し「CONTINUE(続ける)」をタップ。

5. 「2. Shipping(郵送先情報)」をタップすると、入力項目が表示される。

名前住所電話番号を入力。

2. Shipping(郵送先情報)」の一番下に、以下2つの送料が表示される。

後者の「クッションの送料」を選択。

  •  Japan – Book Shipping (本の送料):£9.00
  •  Japan – Cushion Shipping(クッションの送料):£18.00

6. 「3. Payment & Discount(支払い&割引)」をタップすると、入力項目が表示される。

クレジットカード番号有効期限(月/年)、セキュリティコードを入力し「CONTINUE(続ける)」をタップ。

7. 「4. Review & Purchase(概要&購入)」をタップすると、確認項目(Return Policy、Privacy Policy)が記載されている。(以下、2021/3/6 現在)

Return Policy(返金制度):

Return Policy

Returns are only available for damaged goods. You should contact bossinboots.stevepateman@gmail.com to arrange a replacement.
Your responsibility will be to send the damaged goods back at your own cost and on receiving the damaged goods we will return a replacement.
You must contact us within 7 days of purchase.

STORE – Boss in Boots – Steve Pateman

このようなことが書かれています。

  •  商品に欠陥があった場合のみ受け付け。
  •  交換は「bossinboots.stevepateman@gmail.com」宛に連絡すること。
  •  送料元払いで欠陥品で郵送すること。
  •  交換希望の場合は到着してから7日以内に連絡すること。

Privacy Policy(個人情報の取り扱いについて):

Privacy Policy

Your privacy is important to us. The information you provide is only used to purchase goods and fulfill deliveries. Your data is stored securely on Squarespace and is not stored for longer than is required.

STORE – Boss in Boots – Steve Pateman

このようなことが書かれています。

  •  商品発送のみに使われる。
  •  Squarespace(ウェブ制作ソフトウェアの1つ)に安全に保管される。
  •  必要以上に保管され続けることはない。

内容に問題があれば、そのまま「Order Summary(注文内容)」に進む。

8. 「Order Summary(注文内容)」を確認する。

内容に間違いがなければ「Purchase(購入する)」をタップ。

※ Shipping(送料)の横には、郵便番号が表示されます。

9. 注文確定の表示がされる。

注文番号登録したメールアドレスを確認する。

10. 自分の登録したメールアドレスに、同じ注文番号のメール(件名:Boss in Boots – Steve Pateman: New Order Confirmed #注文番号)が届いているか確認する。

注文内容も確認する。

11. 発送連絡メール(件名:Kinky boot factory cushion order)が届くまで待つ。

私の場合、注文メールから発送メールが来るまで11日間かかりました。

  •  注文メール受信日時:2021/2/22/月 15:46
  •  発送メール受信日時:2021/3/5/金 19:05

完全受注生産なので、発送まで2週間手元に届くまで3週間はみておくと良いでしょう。

発送メールの内容は次の通りです。

Hi

Many thanks for the order, the cushion has now been hand made and is being shipped off to you today.
Many thanks for you order

Best regards
Steve Pateman
The Real Life Charlie Price

このようなことが書かれています。

  •  注文頂きありがとうございます。クッションはハンドメイドされ、本日発送されました。

また、梱包済の画像も添付されていたので、住所など確認すると良いでしょう。

12. クッションが届く。

商品が届いたら、開封して飾って終了です!

サイズや質感については届き次第以下に追記します。今しばらくお待ちください。

実物の詳細

クッションが届きましたので、素材やサイズ感をまとめます。(追記:2021/3/18/木)

素材・サイズ

届きました!

クッションはホームページの画像で見た以上にしっかりとしていて、高級感のある1品でした。

  • 素材:キャンバス地
  • サイズ:37センチ×37センチ
  • 厚さ:10センチ程

発送メールから配達終了まで2週間程かかっていますから、注文から配達まで1ヶ月程みれば十分ですね。

  •  注文メール受信日時:2021/2/22/月 15:46
  •  発送メール受信日時:2021/3/5/金 19:05
  •  配達終了日:2021/3/18/木 15:30

制作会社

このクッションを制作しているのは “Studio 8(スタジオ8)” というクッション・メーカーですが、こちらもノーサンプトンに存在する工房のようです。

スティーヴ・ペイトマンが地域活性をしようとしている心意気も見える素敵な一品

このクッションが、あなたの『キンキーブーツ(Kinky Boots)』記念グッズになることを願っています。

スティーヴ・ペイトマンのホームページ>

Studio 8のホームページ>

あきかん

それでは皆さん、良い観劇ライフを…

以上、あきかん(@performingart2)でした!

『キンキーブーツ』の解説・考察本を執筆しました!

「プライス社は実在したのか?」「キンキーブーツは工場を救ったのか?」

そんな疑問を解消しながら、ミュージカル『キンキーブーツ』の魅力に迫る考察本。映画とミュージカルを比較しながら、実話、時代背景、ジェンダーの3視点から作品に切り込んだ1冊です。

Kindle(電子書籍)ペーパーバック(紙書籍)、いずれも Amazon で販売中。

Kindle Unlimitedを初めてご利用の方は、体験期間中に0円で読書可能