鳥肌!ラテン語を理解して初めて分かる、フロローの真の懺悔

ミュージカル『ノートルダムの鐘(The Hunchback of Notre Dame)』より“Hellfire(地獄の炎)”の英語歌詞を見てみると、ラテン語と英語が交互に入れ替わるような歌詞構成になっています。ここで歌われるラテン語を意味を知ることが、この曲を理解する最大の胆!聖職者としての正しさを貫きたい一方で、抑える事の出来ない心と体…そういったフロローの沸騰しそうな思いが、言語を交差させることで非常に巧みに表現されています。この歌詞、実は鳥肌ものですよ…

※CDでは上演される一部の曲しか収録されていないため、本サイトでは、曲名・曲順・歌詞は全て上演内容に順じています。参考サイトは次の通りです。CDの内容とは一部異なりますので予めご了承下さい。(参考サイト:LYRICS TO DISNEY’S HUNCHBACK OF NOTRE DAME MUSICAL (LA JOLLA PLAYHOUSE AND PAPER MILL PLAYHOUSE)

フロローが聖母マリアを前に、歌うのは「自分はいかに正しいのか」ということ。そしてそれは次第に「悪いのはエスメラルダだ」という責任転嫁に変わっていき、最終的には歪んだ愛情に落ち着いてしまいます。強すぎる愛、欲情が、あらゆるものに抑圧された結果です。

この曲は非常に巧みな構成になっていますが、このラテン語の部分に技がつぎ込まれています。どんな風に巧みなのか…答えを先に言いましょう。

ラテン語はフロローの理性の部分、英語はフロローの葛藤そして言い訳を歌っています。

理性では十分に理解しているのです、自分が聖職者で異性を愛してはいけないということを…そして自分が恋してしまったことに気付いているからこそ、犯していけない罪を起こしてしまったと、繰り返しラテン語で歌われているのです。コーラスが歌うことで、フロローを代弁しているようにも聞こえれば、神の声のようにも聞こえます。

一方、フロローの口から出てくる言葉は葛藤。何故、今まで真摯に神と向き合ってきたのに、心が揺らいでしまうのかというフロローの苦悩、そして苦難の部分です。

例えて言うなら『ライオンキング』の“The Madness of King Scar(スカー王の狂気)”が分かりやすいです。スカーが「ちがう」「そうだ」「ちがう」「そうだ」と、交互に歌うあのシーン。自分が実際に感じている自分自身の部分がラテン語で、思いこもうとしている自分自身が英語で歌っているといえば分かりやすいでしょうか…?

前置きが長くなりました。今回は英語サイトDisney Wikiaを参考にしています。ラテン語を英語に訳して掲載されていましたので、これを元に理解を深めていこうと思います。

本記事では、“Hellfire(地獄の炎)”でコーラスが歌うラテン語の部分だけを抜き取って説明していきますので、全て読み切った後、ご自身で本来の歌詞に当てはめてみてみて下さい。すると、ぞっとするほど奥行きのある曲になり、フロローの沸騰するような感情を体験出来るはずです。

それでは“Hellfire(地獄の炎)”の冒頭部分から、ラテン語部分だけを抜き取って、順番に説明していきますね:

Confiteor Deo Omnipotenti(I confess to God almighty)
Beatae Mariae semper Virgini(To blessed Mary ever Virgin)
Beato Michaeli archangelo(To the blessed archangel Michael)
Sanctis apostolis omnibus sanctis(To the holy apostles, to all the saints)
―ミュージカル “The Hunchback of Notre Dame” より “Hellfire”

ここはキリスト教の用語が沢山並んでいて少し難しいように感じるかもしれませんが、そんなことはありません。フロローがまず聖母マリアを前にして「懺悔をします」ということが、非常に丁寧に歌われています。

  • Confiteor Deo Omnipotenti(I confess to God almighty)
    ⇒私は告白します、全能な神に向かって
  • Beatae Mariae semper Virgini(To blessed Mary ever Virgin)
    ⇒処女マリアに向かって
  • Beato Michaeli archangelo(To the blessed archangel Michael)
    ⇒大天使ミカエルに向かって
  • Sanctis apostolis omnibus sanctis(To the holy apostles, to all the saints)
    ⇒聖なる使徒たち、全ての聖人に向かって

つまり、自分が今まで聖職者として向き合ってきた全ての対象に対して「懺悔をする」と歌い始めているのです。ここだけでも、フロローが感じている罪の重さを理解することが出来ます。フロローが自分の潔白を英語で歌った後に出てくるラテン語が次です:

Et tibi Pater(And to you, Father)
―ミュージカル “The Hunchback of Notre Dame” より “Hellfire”

  • Father…教父
    (先頭が大文字になっているので、普通の父親と言う意味でのfatherとは異なります。ここでは教父が正しいでしょう。)

先に述べた対象に加えて、いつも身近にいる教父様にも告白します…という意味で“And to you, Father(そして教父様、あなたにも)”と言っています。そしてフロローは続けざまに身の潔白さを英語で歌います。みだらで低俗な人間(ここでは暗にジプシーを指しているといえます)に比べたら、自分がどんなに清い人間かということを。それに続くのが、このフレーズです:

Quia peccavi nimis(That I have sinned)
―ミュージカル “The Hunchback of Notre Dame” より “Hellfire”

  • sinned…(宗教上・道徳上の)罪

出ました、「罪」という言葉。本来であれば、フロローの口から絶対出ない言葉ですよね。本当は、フロローだって、自分が恋をしてしまったということを認めたくないんですから…。しかし、ここで初めて告白しているのです…神、聖母マリア、大天使ミカエル、聖なる聖徒や聖人、そして教父様に“That I have sinned(罪を犯してしまった)”ということを…。

この後続くのは、「何故エスメラルダが踊るのを見ると自分の魂は燃え上ってしまうのか…」という葛藤です。ラテン語はこう続きます:

Cogitatione(In thought)
―ミュージカル “The Hunchback of Notre Dame” より “Hellfire”

ここは次に出てくるラテン語のフレーズとセットにして考えた方が分かりやすいのですが、この後まとめて説明します。フロローの熱い気持ちは収まらず、「燃えるような思いは自分ではもはやコントロールできない」という内容を英語で歌った後、このように続きます:

Verbo et opere(In word and deed)
―ミュージカル “The Hunchback of Notre Dame” より “Hellfire”

ここは“in thought”、”in word”、”in deed”が全て行動になっていると理解しましょう。よって「思想上でも、言葉上でも、行動上でも」となります。つまり全ての角度から罪を犯してしまった、と告白しているのです。

そしてこの後がサビですね。「私のせいではない、彼女の熱い炎が私を罪に陥れてゆく」とエスメラルダに罪を責任転嫁をした後、こういうフレーズが続きます:

Mea culpa(Through my fault)
―ミュージカル “The Hunchback of Notre Dame” より “Hellfire”

「私の過ちを通して」という意味になります。途中で、こういったフレーズに切り替わる箇所もあります:

Through my most griveous fault
―ミュージカル “The Hunchback of Notre Dame” より “Hellfire”

  • most…もっとも多い、最高に
  • grievous…重大な、許しがたい

ここは、先程の“Through my fault(私の過ちを通して)”よりも過ちに強調がかかった“Through my most griveous fault(私の最も許しがたい罪を通して)”となります。つまりここまでの内容をまとめると、「私の過ち…最も許しがたい(神ではなく女性を愛してしまうという)過ちを通じて、思考上でも、言葉上でも、行動上でも罪を犯しました」という意味になることが分かりますね。

そしてひとしきり英語で歌い、感情が歪んだ愛情になり果てた後、ラテン語で歌われる最後のフレーズはこうです:

Kyrie Eleison(Lord have mercy)
―ミュージカル “The Hunchback of Notre Dame” より “Hellfire”

  • Lord…種、主人
  • mercy…慈悲、情け

ここはもうストレートに「神よ、どうか情けを」です。フロローは自分が真摯に向き合ってきた全ての対象に自分の罪を洗いざらい話した最後、「どうか天罰を下さないでください」と嘆願しているのです。マリア様の前にひざまづいて、ただひたすらに祈る姿が想像できます。

しかし直後の英語歌詞がどうなっているか分かりますか?:

God have mercy on her
―ミュージカル “The Hunchback of Notre Dame” より “Hellfire”

一見、「彼女(エスメラルダ)に情けを」と歌っているので優しいじゃないかと思うかもしれません。でも歌われているのは、そんな生易しい感情ではないんです。ここでは完全にフロローの心身が二極化した状態を表しています。

このフレーズにくるまでに、フロローは「我が物にならないのであれば、焼かれろ」と歌っています。ですからこの時点で、エスメラルダが火あぶりの刑になることは確定しているんですね。その上でmercy(情け)と言っている訳ですから「せめて、火あぶりになる女に情けをかけてやって下さいよ」と英語では歌ってるのです。mercyの使い方が180°違うんです…

いかがでしたか?

本当は罪だと分かっており、全精力を注いで懺悔しているのがこのラテン語で描かれた部分でした。このラテン語だけ読むと、弟を愛していた素直で、真面目で、神に忠実なフロローが垣間見えます。しかし、そんなラテン語の歌詞が、自分を正当化する英語歌詞と合わさるからこそ、感情の揺れ動きを歌詞から感じられるのです。

フロローの苦悩、あなたはどれだけ体感できましたか?

♪『ノートルダムの鐘』の曲一覧はこちらから:ノートルダムの鐘/英語歌詞を徹底分析!日本語で意味を理解しよう

⇒【ノートダムの鐘】オリジナルキャスト画像集はこちら☆・’

*良い記事だと思って下さった方、是非「いいね!」をお願い致します*
*facebookページへ参加して下さる方はこちらから→LOVE performing arts
*twitterをフォローして下さる方はこちらから→LOVE performing arts (@performingart2)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です