Phoebusは「女性の幸せ」をぶどうの品種に例えていた?

ミュージカル“ノートルダムの鐘”よりRest and Recreationの英語歌詞を見てみると、Phoebusが「女性の幸せ」をワインに使われるぶどうの品種に例えていることが分かります。「女性の幸せ」とは何か、またその品種とは一体何なのかを一緒に見ていきましょう。

※CDでは上演される一部の曲しか収録されていないため、本サイトでは、曲名・曲順・歌詞は全て上演内容に順じています。参考サイトは次の通りです。CDの内容とは一部異なりますので予めご了承下さい。(参考サイト:LYRICS TO DISNEY’S HUNCHBACK OF NOTRE DAME MUSICAL (LA JOLLA PLAYHOUSE AND PAPER MILL PLAYHOUSE)

Rest and Recreationは戦場から4年ぶりにパリへ戻ってきたPhoebusが、女性に体を求める内容を軽やかに歌ったナンバーです。ちなみにここで言う「女性」というのは一般的な女性ではなく、いわゆる「ジプシーの娼婦達」のことを指していますよ。

Rest and Recreationの歌詞に、次のようなフレーズがあります:

Give me your girls of pleasure
Your grapes of Merlot
―ミュージカル “The Hunchback of Notre Dame” より “Rest and Recreation”

  • pleasure…快楽(特に「肉体的な快楽」を指す)
  • grapes…ぶどう
  • Merlotメルロー(赤ワイン製造用のフランス・ボルドー原産のブドウ)

Give me your girls of pleasure”は「君たち、女の子としての幸せをくれよ」という意味で、「女の子としての幸せ」とは、内容的に男女の身体が交わることを指しています。その直後に来ているのが“Your grapes of Merlot”で、「メルローのような君のぶどうを」というようなニュアンスになります。

ここで歌われているのは、「お互い身体を交わらせて、メルローのぶどうのように甘い、“女の子としての君の幸せ”を俺にくれよ」ということですね。なんとキザな…(笑)

ちなみメルローはフランスのボルドーを発祥とするぶどうで、赤ワインになる品種の1つです。早熟でありながら丸みを感じる口当たりだそうで、まさにこの「若い娼婦のジプシー達」を表現しているように感じられます。

単純に「赤ワイン」と比喩しない事、フランス産のぶどうで比喩している事がひねりを利かせている部分ですね。また、「メルローのぶどう=赤ワイン=酔える」ですから、「君という女性に酔いしれたいんだ」という思いも込められているようで、女性の立場からすれば理想的な口説かれ方かもしれません。さすが、色男の口にする言葉は違いますね(笑)

*良い記事だと思って下さった方、是非「いいね!」をお願い致します*
*facebookページへ参加して下さる方はこちらから→LOVE performing arts
*twitterをフォローして下さる方はこちらから→LOVE performing arts

⇒【ノートダムの鐘】オリジナルキャスト画像集はこちら☆・’

CDでは5. Rest and Recreationの0:00~2:15がRest and Recreationにあたります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です