フィーバス…その名前の由来と意味

劇団四季ミュージカル『ノートルダムの鐘(The Hunchback of Notre Dame)』の原作本『ノートルダム・ド・パリ』を読んでみると、フィーバスの名前の意味が書かれている描写がありました。

フィーバスとはどういう意味なのでしょうか?

ミュージカルを観てみても、フィーバスという名前がどういう意味なのかについては触れられていません。触れられているとしたらカジモドくらいですよね。

そこで原作本を読んでみたところ、彼の名前について触れられている箇所がありました。

エスメラルダに一目惚れをしたグランゴワールという詩人とエスメラルダの会話の中にこういったものがあります。ここは、エスメラルダのことを助けてくれた「フィーバス」という名前の意味を、エスメラルダがグランゴワールに聞くシーンです。

 

それは『太陽』って意味のラテン語ですよ。
それにね、美男の射手の姿をした神様の名前でもあるんですよ
―『ノートルダム・ド・パリ(上)』ユゴー作、辻昶・松下和則訳、岩波文庫(p.214)

 

なんと、驚きです!こんな贅沢な名前だったとは…。

フィーバスと調べると、「ポイボス」というwikipediaの記事に辿りつきました。さっそく解説を見てみましょう。

 

ポイボス(古希: Φοῖβος, Phoibos)は、ギリシア神話の神アポローンの別名、あるいは称号である。「輝く者」の意と考えられ、「光明神」と訳されるが、正確なところは不明である。ホメーロスの作品においては、ポイボス・アポローンの形でしばしば登場する。アポローンとは別の神格として、ポイボスという神が存在した可能性もある。
ポイボス(wikipedia)

 

これを読むと、ギリシャ神話の神「アポロン」の別名が「ポイボス(フィーバス)」ということが分かりますね。地域によって、読み方が変わるようですが、フィーバスとは恐らく英語的な発音でしょう。原作内では「フェビュス」という発音で訳されています。

太陽、美男、神…そして「輝く者」!!!

なんと未来を照らすような美しい名前なのでしょうか。しかも、次の行いを照らし合わせると、なおさらその名前に価値を感じてしまいます…

是非、こちらも併せてご覧くださいね。

 

また、エスメラルダの名前の意味をご存じない方はこちらもご覧ください。

 

♪『ノートルダムの鐘』の曲一覧はこちらから:ノートルダムの鐘/英語歌詞を徹底分析!日本語で意味を理解しよう

⇒【ノートダムの鐘】オリジナルキャスト画像集はこちら☆・’

*良い記事だと思って下さった方、是非「いいね!」をお願い致します*
*facebookページへ参加して下さる方はこちらから→LOVE performing arts
*twitterをフォローして下さる方はこちらから→LOVE performing arts (@performingart2)

※CDでは上演される一部の曲しか収録されていないため、本サイトでは、曲名・曲順・歌詞は全て上演内容に順じています。参考サイトは次の通りです。CDの内容とは一部異なりますので予めご了承下さい。(参考サイト:LYRICS TO DISNEY’S HUNCHBACK OF NOTRE DAME MUSICAL (LA JOLLA PLAYHOUSE AND PAPER MILL PLAYHOUSE)



「なるほど!」と思ったらシェア♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です