「いつか」と歌うエスメラルダ…しかしフィーバスはそう歌っていない

劇団四季ミュージカル『ノートルダムの鐘(The Hunchback of Notre Dame)』より“Someday(いつか)”の英語歌詞を見てみると、歌の締めくくりの部分でフィーバスは“one day”と、エスメラルダは“someday”と歌っています。

似ているようでこの2つの単語には決定的な違いがあります。これを知るだけで、きっと泣けてくるはずです。

【ミュージカル“The Hunchback of Notre Dame”/“Someday”/作詞:Stephen Schwartz * 劇団四季ミュージカル『ノートルダムの鐘』/「いつか」/訳詞:高橋知伽江】

エスメラルダはsomeday、フィーバスはone dayと歌っている?

Someday(いつか)”で歌われている“one day”と“someday”の使い方をそれぞれ見比べてみましょう。

 

Phoebus:
When the world’s older
When things have changed

Both:
Someday
These dreams will all be real
Til then, we’ll
Wish upon the moon
Change will come

Phoebus:
One day

Esmeralda:
Someday

Both:
Soon
―ミュージカル“The Hunchback of Notre Dame”より “Someday”(作詞:Stephen Schwartz)

 

盛り上がりを見せる最後のブロックですね。「いつの日か、思い描いてきたこれらの願いは全て現実となる。だからその日まで私たちは月に祈ろう。」というのが、歌詞の内容です。

ここで注目すべきは、フィーバスとエスメラルダの言葉の使い方です。それぞれ次のように歌っています。

 

  • Phoebus: Change will come/one day/soon.
  • Esmeralda: Change will come/someday/soon.

 

お気づきの通り、フレーズの構造は全く一緒です。ただone dayとsomedayという風に、それぞれ使い分けがされているんですね。この使い分けにどんな意味があるのでしょうか?

注目すべきはいずれも「いつか(いつの日か)」という意味ですが、one dayは「現実味のあるいつか」でsomedayは「漠然としたいつか」であるということです。

 

 

one dayの意味

まずフィーバスから見ていきましょう。

死にゆくエスメラルダに対して、フィーバスは生き残るもの。今まで口に出して歌った願いをただ漠然としたいつか叶えるのではなく、明確な未来として「いつか必ず」という意志を持って歌っていると読みとれます。

 

somedayの意味

一方のエスメラルダは、死刑を前にして未来が遠のいて行くような印象です。

ですから、「願いが叶ってくれさえばいい、(漠然と)いつか…」と歌っているように感じられます。

one dayとsomedayの違いについて分かりやすく説明をされたブログがありましたので、紹介させて頂きますね。

 

soonにも2重の意味が!?

残るものは“one day”と…去る者は”someday”と…

この1語に全ての想いが託されており、素晴らしい単語の使い分けですね。そしてとても深い意味が感じ取れます。

最後のsoonも、訳すとするならば、フィーバスは「すぐ(近い将来)に、いつか必ず」というニュアンスで、エスメラルダは「そのうち(漠然と)、いつか」といった感じでしょうか。

同じ言葉でも立場で意味が絶妙に異なり、しかもそれがハーモニーになるっているので、より引き裂かれるような思いがします。

観劇の際は、そういう意味の違いが英語版ではあるんだよ…ということを是非念頭に置いてみて頂きたいです。

私たちも、フィーバスと共にエスメラルダが思い描いた未来を「いつか必ず(one day)」成し遂げましょう。

 

「いつか」をフィーバスは「今」実現していた?

(2017.7.5追記)

記事をご覧頂き、有難うございます。

朗報です!ここで取り上げた「いつか」ですが、実は“Finale(フィナーレ)”でフィーバスが“one day”にしているということが分かりました!つまり、実現した…ということです。

次にリンクを貼りましたので、是非併せてご覧くださいね。

 

 

【フォロー大歓迎です!】

*twitter→LOVE performing arts (@performingart2)
*instagram→akikan(@love_performing_art2)

劇団四季 ホームページ

『ノートルダムの鐘(The Hunchback of Notre Dame)』の曲一覧はこちら



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください