カジモド…名前の由来と2つの意味は?実は神聖な意味もあった!

劇団四季ミュージカル『ノートルダムの鐘(The Hunchback of Notre Dame)』の原作本『ノートルダム・ド・パリ』を読んでみると、カジモドの名前の由来について触れられていました。

ミュージカルでは1つしか分からない名前の由来…もう1つはどういう意味なのでしょうか?

1つ目の由来:「ほぼ」という意味

劇団四季歌詞に書かれていること

劇団四季ミュージカル『ノートルダムの鐘(The Hunchback of Notre Dame)』より“The Bells of Notre Dame(ノートルダムの鐘)”の歌詞を見てみると、次のようにカジモドの名前の由来が歌われています。

 

フロローはその子に名前を付けた
残酷なその名前の意味は できそこない…「カジモド」
ーミュージカル『ノートルダムの鐘』より「ノートルダムの鐘」

 

名前の意味は「できそこない」とありますね。

 

英語歌詞に書かれていること

一方の英語版ではどうでしょうか?

 

And Frollo gave the child a name.
A cruel name that means half-formed…Quasimodo!
―ミュージカル “The Hunchback of Notre Dame” より “The Bells of Notre Dame”

 

英語版では“half-formed”つまり「不完全」という意味です。

いずれも「完成していない」もしくは、「不十分」「不出来」といった意味になります。こんな名前を付けられて、それこそ残酷ですよね。

 

 

原作に書かれていること

では原作ではどのように説明されているのでしょうか?

 

クロードは拾ってきた子供に洗礼をほどこして、「カジモド」という名をつけた。拾いあげた日にちなんだものだったが、また、この名が、可哀そうな赤ん坊のほとんどと人間の形をなしていない姿をよく表しているとも思ったからだ。事実、独眼で、背中にこぶがあり、X脚のカジモドは「ほぼ(カジモド)」人間の形をした生き物であるとしか言いようのない子供だった。
―『ノートルダム・ド・パリ(上)』ユゴー作、辻昶・松下和則訳、岩波文庫(p.297)

 

「ほぼ(カジモド)」のところに注目しましょう。これは「ほぼ=カジモド」ということで、フランス語で「カジモド」とは「ほぼ」という意味だということが伺えます。実際に辞書で調べてみたところ、こういう意味がありました。

 

  • quasi…ほとんど、ほぼ、おおよそ

 

やはり、フランス語で“quasi”とは「大体」という意味があるんですね。カジモドというのはその外見から「ほとんど人間」「大体人間」という意味で付けられた名前だということです。

ですから、劇団四季版でも英語版でも、名前の由来の説明としては原作に忠実です。

 

 

2つ目の由来:「白衣の主日」という意味

発見されたのが「白衣の主日」の朝だった

では、ミュージカルでは説明されていないもう1つの意味とは何でしょうか?それがこの「白衣の主日」なんです。まず、これに触れられている原作の文章を、いくつか引用してみましょう。

 

話は十六年ほど前にさかのぼる。よく晴れた白衣の主日(カジモド)の朝のことだったが、ノートル=ダム大聖堂のミサがすんだ後で、聖堂の前庭の左手の壁にはめこんで固定されたベッド板の上に、何か生き物が一つ置かれていた。
―『ノートルダム・ド・パリ(上)』ユゴー作、辻昶・松下和則訳、岩波文庫(p.281)

 

一四六七年の白衣の主日(カジモド)の朝、この板の上に横たわっていた生き物みたいなものは、まわりに寄り集まっている大勢の人びとの好奇心をひどくそそっているようだった。集まっていたのはたいてい女で、ほとんど年寄りばかりだった。
―『ノートルダム・ド・パリ(上)』ユゴー作、辻昶・松下和則訳、岩波文庫(p.281~282)

 

クロードが、捨て子用のベッド板のまわりで金切り声をあげてしゃべっているばあさんたちの群れに気をひかれて立ちどまったのは、前にも申し上げたように、白衣の主日(カジモド)の朝のことだった。
―『ノートルダム・ド・パリ(上)』ユゴー作、辻昶・松下和則訳、岩波文庫(p.296)

 

これらの引用から赤ん坊だったカジモドは「白衣の主日」の朝発見されたということが分かります。

補足をすると、当時ノートルダム大聖堂には「赤ちゃんポスト」のようなものがあり、赤ちゃんを育てられない方が設置されたベッドに子どもを置いていき、子どもに恵まれなかったり、育てたいという意志のある女性が子どもを引き取っていい…という文化があったそうなんです。

カジモドもその1人だったわけですが、その醜さから引き取り手がいないばかりか、注目と的になってしまったのです。そんな中、フロローがカジモドを引き取ることになります。

 

 

「白衣の主日」とは?

では肝心の「白衣の主日」とは何なのでしょうか?

 

神のいつくしみの主日(かみのいつくしみのしゅじつ:ラテン語:Dominica in albis)は、カトリック教会の祝日で、復活祭の翌週の日曜日(主日)と定められている。また、この日を「白衣の主日」とも呼ぶ。教皇聖ヨハネ・パウロ2世によって2000年に定められた。
神のいつくしみの終日(wikipedia)

 

復活節第2主日は、伝統的に「白衣の主日」とも呼ばれます。また、この日はもう一つの名、「神のいつくしみの主日」をもっています。教皇ヨハネ・パウロ2世は、「神の愛のこもった寛容さ」が輝き出る復活節に、神のいつくしみをほめたたえるよう、この名の付記を定められました。全教会と共に、神のいつくしみというテーマでことに今日の典礼全体を祈りましょう。
A年 復活節第2主日(神のいつくしみの主日)(Laudate)

 

復活祭の喜びの中で、再び主日を迎えた新しい受洗者たちです。この日まで、新しい受洗者は、神のいのちをうけて新しい人となったしるしとして、白い衣をつけることになっていました。今日は、それを脱ぐ日だったので、「白衣の主日」と呼ばれていました。これから後、一人前の信徒として生活します。
C年 復活節第2主日(神のいつくしみの主日)(Laudate)

 

私自身、キリスト教徒ではないので詳しい説明は出来ないのですが、これを読む限りでは「神のいつくしみの主日」と「白衣の主日」は日にちは同じ復活祭の次の日曜日ですが、意味合いは少し異なるようです。

前者の「神のいつくしみの主日」は、「神を慈しみ(いつくしみ)を褒めたたえる日」としてその名前が付いていますね。慈しみとは言いかえれば「恵み」とか「愛」ですから、神から受ける恵みや愛に感謝の気持ちを示す日といっても良いでしょう。

一方の「白衣の主日」とは、このように説明されていました。

 

復活祭の夜に受洗した信者たちが司祭の手から受けた白衣を一週間身につけ、8日後に脱いだ習慣があったことから、このように呼ばれる。
古代教会では神のいつくしみの主日:教皇「平和と和解の道具となり、神の御顔を世に示そう」(バチカン放送局)

 

名前の由来は信者達が身につけていた白衣を脱ぐ日だから…ということですが、儀式としては「神のいのちを受けて新しい人になった明かし」として白衣を身に着けていたということですから、とても神聖な儀式であるということが分かります。

「白衣の主日」は神の愛や恵みを感謝する日であり、信者たちにとってはとても神聖な日であるということが分かります。

※ちなみに「白衣」とは「びゃくい」と読むそうです。詳しくはこちらから:白衣

 

まとめ

いかがでしたか?

原作を読まなければ、マイナスの意味の意味での「カジモド」しか知ることが出来なかったので、私自身読んでみて良かったなぁと思っています。

実際、カジモドの名前を考えるのにヴィクトル・ユーゴーはかなり頭を悩ませたそうで、いくつかの案があったようですが、結果、2つの意味をもつ「カジモド」という名は素晴らしいネーミングになったといえます。

真逆の意味を持つ「カジモド」…それはキャラクターの外見と内面を上手く表現しているようにも思えます。

是非、この2種類の名前の意味を知った上で、ミュージカル鑑賞をしてくださいね。

 

♪『ノートルダムの鐘』の曲一覧はこちらから:ノートルダムの鐘/英語歌詞を徹底分析!日本語で意味を理解しよう

⇒【ノートダムの鐘】オリジナルキャスト画像集はこちら☆・’

*良い記事だと思って下さった方、是非「いいね!」をお願い致します*
*facebookページへ参加して下さる方はこちらから→LOVE performing arts
*twitterをフォローして下さる方はこちらから→LOVE performing arts (@performingart2)



「なるほど!」と思ったらシェア♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です