アンジェリカ・スカイラーとは?③偉人たちとの親交

ミュージカル『ハミルトン(Hamilton)』より “Alexander Hamilton” の英語歌詞を見てみると、3人の女性がハミルトンのことを愛していたということが分かります。

それがアンジェリカ・スカイラー(Angelica Schuyler)、エリザベス・スカイラー(Elizabeth Schuyler)、そしてマリア・レイノルズ(Maria Reynolds)です。

 

Alexander Hamilton” では、アレクサンダー・ハミルトンの生涯が歌われると同時に、登場人物とハミルトンがどんな関係であったかも歌われています。

 

3人の女性は “Me? I loved him” と歌いますが、アンジェリカとハミルトンの間柄は、不倫を思わせる絶妙な関係性でした。

 

このページでは、アンジェリカの社交性を説明します。

Music from the Musical

・作品名:ハミルトン(Hamilton)

・曲名:Alexander Hamilton

・カラオケ:Alexander Hamilton (Instrumental)

・作詞:Lin-Manuel Miranda

アルバムを視聴する/楽譜を見る ・アルバム(英語):Hamilton
・カラオケ:The Hamilton Instrumentals
・楽譜:

 

こちらの記事を先にお読みいただくと、よりアンジェリカについて理解出来ますよ。

 

性別を超えた親交

どんな人と交流があったか

 

これまで娘・妻・姉としてのアンジェリカ・スカイラー、ハミルトンとの関係性を説明して来ましたが、今回は1人の人物としてどんな存在だったのかを見ていきましょう。

こちらの引用には、よく旅をした知的な女性で、彼女の人生では多くの男性と親交関係にあったとあります。

 

Angelica Schuyler Church was a well-traveled and intelligent woman who befriended many men in her lifetime, including Thomas Jefferson and the Marquis de Lafayette.

The flirtatious friendship of Alexander Hamilton and Angelica Church hits Broadway(OUPblog)

 

この時代にアクティブで知識の多い女性はそう多くはなかったでしょう。

Satisfied” からも伺える、彼女のスカイラー家の長女としての自覚が、このように見聞を広めさせ、性別の枠を超えた親交を深めたのでしょう。

その中には、トマス・ジェファーソンラファイエットもいたようですよ。

 

多くの文通を行った

 

ハミルトンだけでなく、多くの偉人と文通をしていたことも明らかです。

 

Some of her personal correspondence with Thomas Jefferson, Alexander Hamilton, George Washington, and the Marquis de Lafayette is preserved in the Library of Congress.

Angelica Schuyler Church(wikipedia)

 

ここに書かれているだけでも、『ハミルトン(Hamilton)』の主要人物が4人揃っています。

 

・ アレクサンダー・ハミルトン

 

・ ジョージ・ワシントン

 

・ ラファイエット

 

・ トマス・ジェファーソン

 

これらの文通は、アメリカ議会図書館に保管されているようですよ。読んでみたいですねー!

 

衣裳のデザインも…

 

アンジェリカは政治家だけでなく、画家とも交流がありました。

 

Even the rosy pink gown that actress Elise Goldsberry wears in the musical mirrors the 1785 John Trumbull portrait of Angelica.

The flirtatious friendship of Alexander Hamilton and Angelica Church hits Broadway(OUPblog)

 

アメリカ独立戦争時代の画家ジョン・トランブル(John Trumbull)と交流のあったアンジェリカは、彼に肖像画を描かせています。

この肖像画でアンジェリカが身につけている淡いピンク色のドレスが、ミュージカルの衣裳の元にもなっているようです。

どんな肖像画であったかは、こちらのリンクからご確認ください:OUPblog(椅子に腰かけているのがアンジェリカで、もう一人の女性はお手伝いさん、抱えている子どもは息子のフィリップです):

このジョン・トランブルですが、実は偉大な画家で『アメリカ独立宣言』の絵画を描いた人物でもあります。恐らく、一度は目にしたこともあるのではないでしょうか?

2ドル紙幣(2017.7.25現在)の裏側に使われている絵画でもあるようです。

 

そして、10ドル紙幣(2017.7.25現在)に描かれているハミルトンの肖像画も、ジョン・トランブルによって描かれたもの。

この財布、私は一目惚れをして持っています(笑)。

 

 

村に名前が付くほどの人物

 

また、彼女はどこへ行ってもエリートであったと書かれています。

 

She was a prominent member of the social elite wherever she lived; first in New York, then in Paris, London, and New York again. The village and the town named “Angelica”, both located in New York State, were named after her.

―  Schuyler Church(wikipedia)

 

アンジェリカは生涯でいくつもの土地に生活しており、ニューヨーク、パリ、ロンドンそしてニューヨークと大都市を渡り歩いてきましたが、ニューヨーク州にある「アンジェリカ」という名前の村は、アンジェリカ・スカイラー・チャーチにちなんで名づけられたのだそうですよ。

最後に、ニューヨーク州にあるアンジェリカという土地の場所だけ押さえておきましょう。次の地図からご確認くださいね。近くにハミルトンという土地もありますよっ!

 

Alexander Hamilton” の、他の記事はこちらから。


『ハミルトン(Hamilton)』の登場人物と相関図はこちらをご覧ください。

『ハミルトン(Hamilton)』のオリジナルキャストはこちらをご覧ください。

『ハミルトン(Hamilton)』 解説・考察トップ





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください