Christmas Bells/ミミ、麻薬常習者そして麻薬売り

東宝ミュージカル『レント(RENT)』より “Christmas Bells” の英語歌詞を見てみると、登場人物のあらゆるやりとりが同時進行的に描かれているため、とても目まぐるしいですよね。とくに後半なんてあちらこちらで会話がなされているので、追いついていくのに精一杯の方もいるでしょう。

今回はミミ、麻薬常習者、麻薬売りの会話を抜き取って解説していきますので、しっかり内容を把握してくださいね。

この直前はマークとロジャーのやりとりになっていますよ。

Music from the Musical・作品名:レント(RENT)
・曲名:Christmas Bells
・訳詞:Jonathan Larson
アルバム視聴/楽譜/台本 ・アルバム(英語):Rent
・楽譜:

・台本:

 

男を追えば良いものが…

このパートにおいて、まず “junkies” とは「麻薬常習者たち」のこと。 “junk” とは「がらくた、くずもの」という意味がある一方で「麻薬(ヘロイン)」を指します。

まずは歌詞を見てみましょう。

 

MIMI & JUNKIES:
Follow the man — follow the man
With his pockets full of the jam
Follow the man — follow the man
Help me out, daddy
If you can
Got any D man?
―ブロードウェイミュージカル “RENT” より “Christmas Bells” (作詞:Jonathan Larson)

 

“follow the man” は “the” を用いていることから、特定の男性を指していることが分かります。この場合、ミミと麻薬常習者たちの前にいる男性のことですね。1文が2行に分かれてしまっていますが、分かりやすくするとこうなります。

 

  • follow the man with his pockets full of the jam…jamでポケットがいっぱいになっているあの男を追え

 

彼を追っているのがミミと麻薬常習者たちであるということから、彼のポケットに入っているものが何であるかは大体想像がつくと思います。もちろん “jam” はパンに塗る甘いジャムの意味もありますが、この場合はそうではありません。

jam” には「愉快なもの」「押し込む」など様々な意味がありますが、アメリカ英語のスラングには「コカイン」の意味があるようです。従って次のフレーズは、

 

  • follow the man with his pockets full of the jam…コカインでポケットがいっぱいになっているあの男を追え

 

となるわけです。

 

  • Help me out, daddy…パパ、僕を助け出してよ。
  • if you can…出来ることなら

 

の部分は “help me, daddy~” でも良いのですが、 “help me out, daddy~” となることで、「(どん底から)助け出す」というニュアンスが強くなります。麻薬を常用してしまっている生活、それなしには生きられない生活から這い出ることが出来るなら、パパ、是非僕を助けてよ…と父親に対する挑発的なフレーズと捉えられるでしょう。

 

 

“I’m cool” の意味

麻薬を売っている “the man” の言っている “I’m cool” についてですが、間違ってもこれは「俺は涼しい」ではないですね。

アメリカではスラングとして多用される “cool” ですが、意味が多すぎて、今回何に当てはまるか少し悩みました。ただ、一番近しいものとしては次が挙げられるように思います。

 

但し、「How are you?」と聞かれて「I’m cool」と答えた場合は、「I’m good」という意味ではありません。幸せで落ち着いた気分、またはリラックスしている状態を指します。
役立つスラング6選

 

つまり、私が考えるに、ここでthe manが言っている “I’m cool” とは、「極楽だ」とか「幸せだ」と言っているのだと思います。もちろん、麻薬を使った上で発せられた言葉で「これを使ったら幸せで良い気分♪」と周囲を誘惑しているんですね。

 

麻薬を表す数々の隠語

さて、最後にまとめるのは麻薬の隠語です。 “Got any ~” は「~を(1つでも)持ってる?」の意味です。CとかDとかは全て、麻薬を表す隠語です。

 

  • C=Cocaine…局所麻酔薬として用いられ、また精神刺激薬にも分類される
  • D=LSD…リゼルグ酸ジエチルアミド、幻覚剤の一種
  • X=Ecstacy…メチレンジオキシメタンフェタミン(MDMA)として知られる向精神薬がドラッグとして使用される
  • smack=Heroin…アヘンに含まれるモルヒネから作られる麻薬のひとつ
  • horse=Heroin
  • jugie boogie = Cocaine, Heroin
  • blow=Cocaine
    NoSlang.com Drug Slang Translator

 

シーンとしてはとてもカッコイイけれど、とにかく、薬を求めている…という状況がお分かりいただけたでしょうか?薬の名前を1つずつ見ると、ぞっとしてしまいますね。

続きはこちらからご覧下さい。

 


『レント』 解説・考察トップ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください