“Don’t Lose Ur Head”で歌われるアンが愛人になるまで

 
こんにちは!

ミュージカル考察ブロガー、あきかん@performingart2)です。
 

ミュージカル『シックス(SIX)』より “Don’t Lose Ur Head” の英語歌詞を見てみると、ヘンリ8世の2人目の妻アン・ブーリン(Anne Boleyn)の本音が歌われていることが分かります。

アンは、ヘンリ8世が1人目の妻・キャサリン・オブ・アラゴンとの離婚協議中の裏で、夢中になり、文通を交わし、キャサリンを差し置いて結婚した相手

しかし彼女は、ヘンリ8世の要望を満たせず、斬首されます。

6人の妻のうち、コメディ要素満載で歌われる彼女の胸中…今回は愛人になるまでを見て行きましょう。

アン・ブーリンの詳しい人物像は、こちらの記事でまとめています。

あきかんの参考資料

・ ミュージカル『シックス』アルバム(CD・配信・ダウンロード)

↓ 「ヘンリ8世と妻の関係」を知るならコレ!


 

アン・ブーリンはどのような人物だったか

 

アンはヘンリ8世の2人目の妻です。

まずは、彼女に関する重要なポイントから見ていきましょう。

 

  • キャサリン・オブ・アラゴンとヘンリ8世が離婚協議中に、ヘンリ8世の関心が移った侍女
  • ヘンリ8世が熱烈な手紙を送り続ける程、夢中になった相手
  • 愛人ではなく、王妃になることにこだわった人物
  • アンと正式結婚するために、ヘンリ8世はイングランド国教会を設立した
  • 絶世の美女というわけではなかった
  • ヘンリ8世が寵愛したこと以外、注目されることのない女性だったと言われている
  • 贅沢を好み浪費が激しかった
  • キャサリンとは異なり、国民から嫌われていた
  • 息子の出産を期待できなかったことと、男遊びが過ぎたために斬首された

 

この情報を見ると「めちゃめちゃ問題児だな」と思われるかも知れませんが、アンは残念ながらそういった女性でした。

1人目の妻キャサリンが国民の人気を誇っていた一方で、アンは私利私欲のために動くことが多く、キャサリンとは対照的な存在

こういった彼女の「うぬぼれ」や「バカっぽさ」を、コミカルに振り切ってポップな音楽に乗せたのが “Don’t Lose Ur Head” という曲です。

 

“Don’t Lose Ur Head” の構成と意味

 

歌詞の解説に入る前に “Don’t Lose Ur Head” の構成と意味を理解することから始めましょう。

構成とフレーズの意味を理解することは、歌詞全体を理解すること以上に重要です。

 

構成

 

Don’t Lose Ur Head” は、ヘンリ8世とアンが文通を通じて愛を深めたことに注目して歌詞が構成されています。

“Ur” は “your(あなたの)” の略語ですが、こういった表記からも分かるように、アンがヘンリ8世とLINE(スマホ上でのメッセージ)でやりとりしているような、軽い口調で歌われています。

もちろん、この軽さ(頭の軽さ、行動の無責任さ)…というのもアンのキャラクターを非常にうまく表現しています。

妻のいる男と、裏でいちゃついたメッセージのやりとりをしている愛人…を想像しながらこの曲を聴くと、歌詞がスッと入ってきますよ(笑)。

歌詞にはこのような略語が登場するので、なんとなく知っておきましょう。

 

  • wanna … want to … ~したい
  • XO … キス&ハグ
  • LOL … laugh out loud … (笑)

 

意味

 

歌詞を理解し、楽しむために最も重要なのは “Don’t Lose Ur Head” の意味を理解することです。

この曲名はダブルミーニングになっています。

表面的な意味は「あなたの頭部を失わないで」で、最終的にアンが斬首されることを連想させるものです。

しかし、このフレーズはもう1つ意味があります。それがこれです。

 

  • Don’t lose your head … 夢中にならないで(理性を失わないで)

 

“lose one’s head” で「夢中になる」という意味がありますが、ヘンリ8世が文通の過程でアンに夢中になったことも意味に含ませているんですね。

なんて天才的な曲名!

Don’t Lose Ur Head” の曲構成と意味は、このように分かれていることを理解しましょう。

 

  • 前半:「夢中にならないで」の意味で使われている … アンのうぬぼれが歌われる
  • 後半:「頭部を失わないで」の意味で使われている … アンの処刑に至るまでが歌われる

 

今回紹介する歌詞では「夢中にならないで」の意味で使われていますよ。

 

 

ヘンリ8世の出会いから愛人になるまで

Don’t Lose Ur Head” でよくフランス語が登場するのは、アンがフランス宮廷で過ごした期間があったからです。

彼女は1522年にイギリスに戻りますが、彼女の目的は男性と社交して良い地位の人と出会って結婚すること

次の歌詞からは、政治に無関心なことが分かります。

 

[ANNE BOLEYN]
I wanna dance and sing

[ENSEMBLE]
Politics

[ANNE BOLEYN]
Not my thing

―ブロードウェイミュージカル“SIX”より “Don’t Lose Ur Head”(作詞:Toby Marlow, Lucy Moss)

 

意味はこうですね。

 

  • アン:私は踊って歌いたいの
  • アンサンブル:政治は?
  • アン:それは私の担当じゃないの

 

そんな彼女がある時、ヘンリ8世と出会ってしまいます。

このチャンスを逃すまいとしたのがアンの父親です。

 

But then I met the king
And soon my daddy said
“You should try and get ahead!”
He wanted me, hah, obviously
Kept messaging me like every day
Couldn’t be better then he sent me a letter
And who am I kidding
I was prête à manger

―ブロードウェイミュージカル“SIX”より “Don’t Lose Ur Head”(作詞:Toby Marlow, Lucy Moss)

 

意味はこうです。

 

  • でも、そうこうしてたら私王様に出会っちゃったの
  • そしたらパパがすぐさま「取りに行け!」って
  • 彼は明らかに私のことを欲しがったわ、アハッ!
  • だってほんと、毎日のようにメッセージしてくるんだもん
  • メッセージを送られること以上に良いことなんてないでしょ
  • 「私はいつでも食べごろよ」なんてね!

 

アンの軽さが分かる内容ですよね(笑)。

実際ヘンリ8世はかなりの手紙をアンに送っていますが、それが歌詞では上手く現代風にアレンジされています。

ヘンリ8世からの手紙がどのような雰囲気だったか知りたい方は、この本を読んでみてくださいね。

先に言っておくと、ヘンリ8世からの手紙は…熱狂的です。

 

この文通のやり取りの雰囲気をよく表しているのがこのパート。

 


[ANNE BOLEYN]
“You’re a nice guy
I’ll think about it maybe
XO baby”

―ブロードウェイミュージカル“SIX”より “Don’t Lose Ur Head”(作詞:Toby Marlow, Lucy Moss)

 

アンはこんなふうに、返信をしました。

 

  • 「あなたっていい人ね、まぁ考えておくわ、キス&ハグ、ベイビー」…と。

 

ヘンリ8世にそしらぬ態度を取りながら、気を引かせよう…という、アンの巧みな技が感じられます。

だが、まぁ…軽い(笑)。

これに対して他の妻たちが「え?キスも送っちゃったの?」とツッコミを入れますが、それに対してアンはこう言います。

 

[ANNE BOLEYN]
I didn’t know I would move in with his missus

―ブロードウェイミュージカル“SIX”より “Don’t Lose Ur Head”(作詞:Toby Marlow, Lucy Moss)

 

意味はこうです。

 

  • 私、奥さんと一緒に住むなんて知らなかったもん!

 

もともとヘンリ8世はアンを愛人として見ており、結婚するつもりもなかったため、文通を経てアンを自分の近くに置くために、キャサリン・オブ・アラゴンの侍女にしました。

物事や相手の立場をそこまで考えていなかった…という軽率さが、彼女のパートから分かります。

しかし、そこから「愛人止まりはイヤだ、早くキャサリンと離婚して、私を王妃にして。でないと身体の関係は断つ。」と言うのもアンです。

自分をいかに可愛がっているかもよく分かります。

 

サビで歌われていること

 

アンは特段顔立ちが良かったわけではないそうですが、彼女が男を惹きつけるのは、今まで見てきたような、メッセージ上でのやりとりが上手いからですね。

そんな彼女がスマホのメッセージで上でのやりとり(本来は文通)で遊び、楽しんでいる雰囲気が全面に出ているのが、サビです。

彼女の技にまんまとハマって「どうして俺の方を向いてくれないんだ!」と、手紙上で地団駄を踏むヘンリ8世に対して「ねぇ、そんなにムキにならないでよ~」と歌っているところを想像しながら、歌詞を見て行きましょう。

 

[ANNE BOLEYN]
Like, what was I meant to do?

Sorry, not sorry ’bout what I said
I’m just trying to have some fun
Don’t worry, don’t worry
Don’t lose your head
I didn’t mean to hurt anyone
LOL
Say ‘Oh, well!’
Or go to hell!
I’m sorry, not sorry ’bout what I said
Don’t lose your head

―ブロードウェイミュージカル“SIX”より “Don’t Lose Ur Head”(作詞:Toby Marlow, Lucy Moss)

 

意味はこうです。

 

  • じゃあ、私はどうすればよかったの?
  • ごめんって、でも謝んない、私が言ったこと
  • ただ楽しんでただけだもん
  • 心配しないで、心配しないでって
  • 夢中にならないでって
  • 誰も傷つけるつもりなんてなかったし
  • (笑)
  • 「仕方ないなぁ」って言って
  • もしくは地獄行きね
  • ごめんって、でも謝んない、私が言ったこと
  • 夢中にならないでって

 

完全に遊んでいますね…相手が国王であるということを忘れそうなくらいに!

次の記事では「アンが結婚するまで」を解説しますよ。

 


それでは皆さん、良い観劇ライフを…

以上、あきかん@performingart2)でした。

『シックス』 解説・考察トップ






あなたも【ミュージカレッジ】メンバーに!
現在のテーマは『ノートルダムの鐘』


ミュージカルを追究したい!もっともっと考察したい!」メンバーが集まる、有料オンラインサークル。月500円~で、あきかんの「音声」と「限定公開記事」からミュージカルを学ぶことができます。配信ペースは週1~2日です。