【TYO】首都圏旅行 JR・新幹線+宿泊プラン

“Don’t Lose Ur Head”で歌われるアンが斬首されるまで

あきかん

こんにちは!

ミュージカル考察ブロガー、あきかん(@performingart2)です。

ミュージカル『シックス(SIX)』より “Don’t Lose Ur Head” の英語歌詞を見てみると、ヘンリ8世の2人目の妻アン・ブーリン(Anne Boleyn)の本音が歌われていることが分かります。

アンは、ヘンリ8世が1人目の妻キャサリン・オブ・アラゴンとの離婚協議中の裏で、夢中になり、文通を交わした相手。

しかし彼女もまた、ヘンリ8世の要望を満たせず、斬首されます。

6人の妻のうち、コメディ要素満載に歌われる彼女の胸中、今回は王妃になり、斬首されるまでを観ていきましょう。

アン・ブーリンの詳しい人物像は、こちらの記事でまとめています。

『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』の解説・考察本を執筆しました!

ヘドウィグが探し求めた「カタワレ」とは?何故「ベルリンの壁」が登場するのか?「愛の起源」を解説しながら、ミュージカル『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』の中毒性に迫る考察本。

台本と映画を踏まえてながら、プラトンの『饗宴』に影響を受けた「愛の起源」、ドイツの歴史、旧約聖書「アダムとイヴ」の3つの視点から作品に切り込んだ1冊。

Kindle(電子書籍)ペーパーバック(紙書籍)、いずれも Amazon で販売中。

Kindle Unlimitedを初めてご利用の方は、体験期間中に0円で読書可能

 

キャサリン・オブ・アラゴンを横に押しやり、私利私欲のために王妃になることを押し通したアン・ブーリン

しかし、結婚生活は彼女の想像していたものとは全く異なりました

 

Henry’s out every night on the town
Just sleeping around like “What the hell?”
If that’s how it’s gonna be
Maybe I’ll flirt with a guy or three
Just to make him jell
Henry finds out and he goes mental
He screams and shouts like
So judgemental!
You damn witch
Mate, just shut up!
I wouldn’t be such a b…
If you could get it up

―ウェストエンドミュージカル“SIX”より “Don’t Lose Ur Head”(作詞:Toby Marlow, Lucy Moss)

 

自分だけが可愛がられて、贅沢ができるかと思いきや、いざ結婚生活が始まったらヘンリ8世は他の女性とも関係を持ち始めます

その理由は、キャサリン・オブ・アラゴン同様、第1子が「」だったため。

アン・ブーリンとの間に息子が出来ることを望んでいたヘンリ8世は落胆し、アンを見切ったかたちになります。

しかし、ここで収まらないのが我らがアン・ブーリンです。彼女の本音を、彼女らしい口調で見ていきましょう。

 

  • ヘンリ8世は毎晩外出
  • そこらじゅうで寝まくって「まじふざけんな!」
  • そういうことなら
  • 私だって男達といちゃつくわ、彼を嫉妬させるために

 

アンは遊んでしまうんですね…(笑)。ここが、キャサリン・オブ・アラゴンアン・ブーリンの違うところ。

そして、それがヘンリ8世の逆鱗に触れ、判断が下るわけです。

 

  • そうしたら彼気付いちゃって
  • 叫んで怒鳴ったわ
  • すごく非難されたの!
  • この魔女目とか
  • でも、ねぇちょっと黙って
  • 私こんなことにならなかったわ
  • もしあなたのモノが勃てば

 

いや…言い方(苦笑)。

それで「首を落とせ」との命令が下ります。それにしても、これが史実とは驚きですね…。

この後サビが歌われますが、今まで歌われてきたサビとは聴こえ方が変わるのも、この曲の面白さです。

ちなみにサビの最後で「Say ‘Oh, well!’/Or go to hell!(「仕方ない」って言って/もしくは「地獄へ落ちろ」って)」と歌っていますが、その直後にアンサンブル(他の妻たち)が「Just go to hell!(地獄へ落ちろ!)」と返すのが痛快です。

そして、最後はこのようにして終わります。

 

[ANNE BOLEYN] Sorry, not sorry about what I said

[ENSEMBLE] Sorry, not sorry about what she said

[ANNE BOLEYN] Sorry, not sorry about what I said
Don’t lose your head

―ウェストエンドミュージカル“SIX”より “Don’t Lose Ur Head”(作詞:Toby Marlow, Lucy Moss)

 

意味はこうです。

 

  • アン:ごめんって、でも謝んない、私が言ったこと
  • アンサンブル:謝罪はしている、でも言ったことに心からは詫びていない
  • アン:ごめんって、でも謝んない、私が言ったこと
  • アン:あんまり夢中にならないで(お遊びがすぎて頭をなくすことのないようにね)

 

最後の1文がダブルミーニングになっていることを、お忘れなく…!

 

あきかん

それでは皆さん、良い観劇ライフを…

以上、あきかん(@performingart2)でした!