“Don’t Lose Ur Head”で歌われるアンが王妃になるまで

 
こんにちは!

ミュージカル考察ブロガー、あきかん@performingart2)です。
 

ミュージカル『シックス(SIX)』より “Don’t Lose Ur Head” の英語歌詞を見てみると、ヘンリ8世の2人目の妻アン・ブーリン(Anne Boleyn)の本音が歌われていることが分かります。

アンは、ヘンリ8世が1人目の妻・キャサリン・オブ・アラゴンとの離婚協議中の裏で、夢中になり、文通を交わし、キャサリンを差し置いて結婚した相手

しかし彼女は、ヘンリ8世の要望を満たせず、斬首されます。

6人の妻のうち、コメディ要素満載で歌われる彼女の胸中…今回は愛人になった後、王妃になるまでを見て行きましょう。

アン・ブーリンが愛人になるまでは、こちらの記事でまとめています。

あきかんの参考資料

・ ミュージカル『シックス』アルバム(CD・配信・ダウンロード)

↓ 「ヘンリ8世と妻の関係」を知るならコレ!

オリジナルLINEスタンプ販売中
↓ 「ミュージカル好きしか使いこなせない」系スタンプ!

 

結婚に大きく踏み切るアン

 

ヘンリ8世と文通を続け、見事に愛人になったアンは愛人止まりでは気が済みません

そこで結婚を決意し、離婚協議中のキャサリンに向けてこんなことを歌います。

 

[ANNE BOLEYN]
Don’t be bitter

[ENSEMBLE]
Ooh-ooh

[ANNE BOLEYN]
‘Cause I’m fitter

[ENSEMBLE]
Ooh-ooh

[ANNE BOLEYN]
Why hasn’t it hit her?
He doesn’t wanna bang you
Somebody hang you

[ENSEMBLE]
Uh-oh

―ブロードウェイミュージカル“SIX”より “Don’t Lose Ur Head”(作詞:Toby Marlow, Lucy Moss)

 

ここで歌っていることは、結構酷いです(苦笑)。アンの部分だけ取り出すと、こういうことを言っています。

 

  • 無惨だなんて思わないで
  • だって私の方が相応しいってことなんだから
  • 何で通じないんだろう?
  • 彼はあなたじゃ興奮しないのよ
  • あなたのことは誰かが相手してくれるわよ

 

観客の我々でも「よくこんなこと言えるな」と感じますが、これを「炎上」という現代的な表現をしているのが、この歌詞の非常にうまいところです。

 

[ANNE BOLEYN]
Here we go

[ENSEMBLE]
Your comment went viral

[ANNE BOLEYN]
I didn’t really mean it
But rumours spiral

[ENSEMBLE]
Wow Anne, way to make the country hate you!

―ブロードウェイミュージカル“SIX”より “Don’t Lose Ur Head”(作詞:Toby Marlow, Lucy Moss)

 

この歌詞ではこんなことを歌っています。

 

  • アン:さてと
  • アンサンブル:あなたのコメント炎上よ
  • アン:本気で言ったんじゃないのよ。でも噂って広まるじゃない?
  • アンサンブル:まぁアン、国中があたたを嫌うには行きすぎた行為よ

 

事実、アン・ブーリンは国民から非常に嫌われていたようですから、発言を「SNSの炎上」に見立て、ネット上で叩かれるといった雰囲気になっています。

自分が可愛く、自分が満足できればそれで良いアンですが、最終的にどのような道をたどることになるか知っているからこそ、ここは皮肉にも笑いどころになりますね。

 

 

アンが王妃になるまでに起きたこと

 

ヘンリ8世はキャサリンのことを見限ってしまいましたから、アンとの結婚に向けてどんどん話を進めていきます。

しかし、思いのほかアンとの結婚は進まず…それは、ローマ教皇による反対ですね。

当時の法に照らし合わせた時に、基本的に「離婚」は認められていなかったので、アンとの結婚を推し進めるためにイングランド国教会まで立ち上げます。

こういった背景に触れているのが、この歌詞です。

 

Tried to elope
But the Pope said ‘Nope!’
Our only hope was Henry
He got a promotion
Caused a commotion
Set in motion the C of E

―ブロードウェイミュージカル“SIX”より “Don’t Lose Ur Head”(作詞:Toby Marlow, Lucy Moss)

 

要点を押さえるとこのような内容になっています。

 

  • 駆け落ちしようと思ったけど
  • ローマ教皇が「ダメ!」って言ったから
  • 私の頼みの綱はヘンリだけになって
  • 彼は昇進して
  • 騒動を起こした

 

頼みの綱がヘンリだけになったのは、教皇たちがヘンリに反対していたからです。

そして「昇進した」というのは、実質イングランド国教会を立ち上げのトップになったことを指していますよ。

こういった経緯をアンは自分の都合の良いように解釈しており、こんな風に歌っています。

 

[ENSEMBLE]
The rules

[ANNE BOLEYN]
Were so outdated
Us two wanted to get X-rated

[ENSEMBLE]
Soon
Excommunicated

[ANNE BOLEYN]
Everybody chill
It’s totes God’s will

―ブロードウェイミュージカル“SIX”より “Don’t Lose Ur Head”(作詞:Toby Marlow, Lucy Moss)

 

このパートはもはや笑いしか起きません(笑)。ここでウェディングチャイムが鳴るのもポイントです。

 

  • 規則は
  • 超古くさかったの
  • 私達は成人向け的な付き合いをしたかったから
  • するとしばらくして
  • カトリック教会から破門されて
  • みんな、頭を冷やして
  • これは全くもって神の望みによるものよ

 

「私たちは成人向け的な付き合いをしていた」というのは「18禁的な付き合い、純粋でない付き合い」で、ハッキリ言ってしまえば「不貞を働いていた」ということです。

そして破門をされても「神の望みによって自分は結婚できたの」と言えるアンは、超プラス思考ですね。

 

いかがでしたか?

次の記事では「アンが斬首されるまで」を解説しますよ。

(準備中)

 


それでは皆さん、良い観劇ライフを…

以上、あきかん@performingart2)でした。

『シックス』 解説・考察トップ






あなたも【ミュージカレッジ】メンバーに!
現在のテーマは『アラジン』


ミュージカルを追究したい!もっともっと考察したい!」メンバーが集まる、有料オンラインサークル。月500円~で、あきかんの「音声」と「限定公開記事」からミュージカルを学ぶことができます。配信ペースは週1~2日です。