【TYO】首都圏旅行 JR・新幹線+宿泊プラン

当ブログはアフィリエイト広告を利用しています。

マグダラのマリアとは何者か?イエスの妻・パートナーと考えられる女性信者

あきかん

こんにちは!

ミュージカル考察ブロガー、あきかん(@performingart2)です。

劇団四季ミュージカル『ジーザス・クライスト=スーパースター(Jesus Christ Superstar)』の登場人物を解説します。

今回はマグダラのマリア

イエスの妻・パートナーと考えられる女性信者について、分かりやすく解説していきます。

※物語の展開に触れる記事です。予めご了承ください。

「マグダラのマリア」と「聖母マリア」の違い

「マグダラのマリア」と聞いて「?」となる方は少なくないでしょう。何を隠そう私もその1人で「マリア」をずっと「聖母マリア」と勘違いしていました。

しかし「マグダラのマリア」と「聖母マリア」は、全く別の人物です。まずはここで、簡単に2人の違いを明確にしておきましょう。

  • マグダラのマリア:イエスの女性信者の1人イエスのパートナー・妻とも考えられている。
  • 聖母マリア:イエスの母。処女にしてイエスを身ごもった女性。天使より受胎告知を受ける。

ザックリ言えば「マグダラのマリア」はイエスの妻と考えられる人、「聖母マリア」はイエスの母親です。

ジーザス・クライスト=スーパースター(Jesus Christ Superstar)』では、聖母マリアは登場しないため、ここでは「マグダラのマリア」について、詳しく知っておきましょう。

マグダラのマリアは何をした人なのか

ジーザス・クライスト=スーパースター(Jesus Christ Superstar)』を1回観ただけでは、マグダラのマリアの人物像を掴むことは難しいかもしれません。

というのも、マグダラのマリアがいち女性信者ではなく、イエスにとって特別な役割を果たしていると分かるのは、イエスの復活前後のエピソードにおいてだからです。

福音書によって多少エピソードは異なるものの、彼女はイエスが捕えられた後、イエスを置いて逃げた使徒とは異なり、イエスの磔刑、埋葬、復活を目撃し、復活を12使徒に伝えています。

  • イエスの磔刑を見届ける
  • イエス埋葬を確認する
  • イエスの復活を目撃する
  • イエスの復活を12使徒に伝える

キリスト教において「復活」は非常に重要なため、その重要な出来事に立ち会っているマグダラのマリアは、特別な役割を担った信者と言えます。

復活について、詳しくは次の記事をご覧ください。

マグダラのマリアとイエスとの関係性

では、マグダラのマリアは何故ここまで特別なのでしょうか?彼女はどのような経緯で、イエスの信者になったのでしょうか

マグダラのマリアに対する代表的なイメージは次の通りです。

  1. 娼婦
  2. 罪深き女
  3. 姦淫の罪を犯した女
  4. イエスに香油を塗った女

このようにあらゆるイメージを持たれている彼女ですが、共通して言えることは、彼女が「罪深い存在であった」ということです。

当時、ユダヤにおいて女性は社会的地位の低い存在でした。女性というだけで「罪深い存在」とされていましたが、イエスは男女を平等に扱い、救いの手を差し伸べていきます。その救いの手が差し伸べられた代表的な女性が、マグダラのマリアです。

聖書において、具体的に彼女の名前が登場していなくても、エピソードによっては「マグダラのマリア」だと解釈されている場合もあります。例えば、聖書このようなエピソードがあります。

姦淫の罪を犯したことから、石打ちの刑にされそうな女性がいました。人々が彼女に対して石を投げつける中、通りがかったイエスが「罪のない人がまず石を投げなさい」と言うと、次々と人が石を置いてその場を去ったと言います。(ヨハ8:1-11)

「マグダラのマリア」と明記されていませんが、このエピソードはマグダラのマリアと関連付けて考えられており、作品でも触れられています。

イエスにとってマグダラのマリアが特別なのは、彼女が12使徒や民衆のように、イエスを特別視しないためです。彼らがイエスを都合よく解釈するのに対し、マグダラのマリアは、ありのままのイエスを受け止めていきます。ここは『ジーザス・クライスト=スーパースター(Jesus Christ Superstar)』を観る時のポイントでもありますよ。

マグダラのマリアは、イエスの救いにより信者となり、キリスト教に回心した女性、そしてイエスの磔刑を見届け、復活を目にした女性です。このことを念頭に置いて、『ジーザス・クライスト=スーパースター(Jesus Christ Superstar)』を楽しんでみてくださいね。

ちなみに。ミュージカル『キャッツ(CATS)』のグリザベラのモデルの1つは、マグダラのマリアだと言われています。娼婦にして救われる…そんな共通点を意識しながら観劇してみるのも、1つの楽しみになるかもしれません。

あきかん

それでは皆さん、良い観劇ライフを…

以上、あきかん(@performingart2)でした!

『ジーザス・クライスト=スーパースター(Jesus Christ Superstar)』の解説を、音声配信しています!予習・復習向けの情報もまとめているので、ご興味のある方は、併せてご覧ください。