【TYO】首都圏旅行 JR・新幹線+宿泊プラン

ピラト総督とは何者か?『ジーザス・クライスト=スーパースター』の政治的権力者

あきかん

こんにちは!

ミュージカル考察ブロガー、あきかん(@performingart2)です。

劇団四季ミュージカル『ジーザス・クライスト=スーパースター(Jesus Christ Superstar)』の登場人物を解説します。

今回はピラト総督

行政を任されるために、ローマから派遣された知事について、分かりやすく解説していきます。

※物語の展開に触れる記事です。予めご了承ください。

『ジーザス・クライスト=スーパースター』の解説・考察本を執筆しました!

イエス・キリスト最後の7日間とは、どのような日々だったのか?何がイエスを人気にし、なぜイエスは十字架にかかることになったのか?

ミュージカル『ジーザス・クライスト=スーパースター』の奥深さを楽しみたい初心者に向けた、解説・考察本。

Kindle(電子書籍)ペーパーバック(紙書籍)、いずれも Amazon で販売中。

Kindle Unlimitedを初めてご利用の方は、体験期間中に0円で読書可能

ユダヤの行政を行うため、ローマから派遣された統治者

劇団四季ミュージカル『ジーザス・クライスト=スーパースター(Jesus Christ Superstar)』において、ピラト総督は特殊な立ち位置にいます。

イエス(ジーザス)を取り巻く集団は、基本的にユダヤの民です。

しかし、ピラトは異なります。

当時ユダヤはローマの支配下にありました。ピラトはユダヤの行政を行うために、ローマから派遣された統治者で、ユダヤにおける政治的な権力者です。

ローマに支配されていることは、民衆にとって不満以外の何者でもありませんでした。だからこそ、同胞の政治的指導者を求め、イエスに期待します。

この動きは、12使徒の1人である熱心党のシモン民衆から伺えます。詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

イエスを「無罪」だと考えていたピラト

イエスを捕え、死刑を決定したのはユダヤ教主流派のカヤパです。彼は死刑を執行する権限を持っていなかったため権限を持っていたピラトのもとへ向かい、死刑執行の承認を迫ります。

一度「イエスはガリラヤ出身だから、処分はヘロデが決めることだ」とヘロデに判断を委ねます。しかし、ヘロデが決定を下すことはありませんでした。

民衆の怒りがイエスに向かっただけで、イエスに罪はない」と考えていたピラトは、むち打ちでことを済ませようとします。しかし暴動寸前の民衆を目の前に「この状況を鎮圧できなければ、自分の立場が危うくなる」と、イエスの身柄を民衆に引き渡すのです。

ピラトは「イエスを無実と信じながらも、その状況から決定を下さなければならなかった政治的権力者」です。このことを念頭に置いて、『ジーザス・クライスト=スーパースター(Jesus Christ Superstar)』を楽しんでみてくださいね。

あきかん

それでは皆さん、良い観劇ライフを…

以上、あきかん(@performingart2)でした!

『ジーザス・クライスト=スーパースター(Jesus Christ Superstar)』の解説を、音声配信しています!予習・復習向けの情報もまとめているので、ご興味のある方は、併せてご覧ください。