“Miss Baltimore Crabs” に隠された3つの意味

東宝ミュージカル『ヘアスプレー』より “(The Legend Of) Miss Baltimore Crabs” の英語歌詞では、かつて「ミス・ボルチモア」であったヴェルマが、オーディションを受けに来たトレイシー達を容赦なくバカする様子が描かれています。

しかし、1つ気になりませんか?「ミス・ボルチモア」なのであれば、何故曲名が “Miss Baltimore Crabs” なのか。

調べてみると、 “crab” には3つの意味あると分かりました。

 

ヴェルマという人物を “crab” の一言で表現し、そこにトリプルミーニングを持たせているのが、この曲の面白さです。

 

その3つの意味がこれです。

・カニ

・意地悪

・尻軽女

 

それぞれどのように使われているか見てみましょう。

Music from the Musical・作品名:ヘアスプレー(Hairspray)

・曲名:(The Legend of) Miss Baltimore Crabs

・作詞:Scott Wittman and Marc Shaiman

アルバムを視聴/楽譜 ・アルバム(英語):Hairspray
・楽譜:

 

曲名はトリプル・ミーニングになっている?

 

ミュージカル『ヘアスプレー』の中では、比較的マイナーな曲 “(The Legend Of) Miss Baltimore Crabs” 。

「ヘアスプレーの中では、この曲が一番好きなんだよね!」という人はあまりいないかもしれませんが、私は声を大にして言います。

私はこの曲が大好きです。

「コーニー・コリンズ・ショー」のプロデューサーであるヴェルマは、ルックスも考え方も自分がベストという価値観の持ち主。

白人主義で黒人を徹底的に差別し、肥満体も観るに堪えない様子が随所に見られます。

ここで映画を観たことのある方に質問です。

“Miss Baltimore Crabs” なのに、何故「ミス・ボルチモア」と訳されているか気になりませんでしたか?

本来ならば、このような意味になりますよね。

 

・英語:Miss Baltimore Crabs

 

・直訳:ミス・ボルチモア・カニ

 

しかし、色々と調べていくうちに気づいたんです。この曲名はトリプル・ミーニングになっている…ということに。

 

・文字通りの意味:ミス・ボルチモア・カニ(の伝説)

 

・文字に隠された裏の意味①:ミス・ボルチモア・意地悪(の伝説)

 

・文字に隠された裏の意味②:ミス・ボルチモア・尻軽女(の伝説)

 

この2点に注目しながら、考察していきましょう。

 

文字通りの意味、ミス・ボルチモア・カニ

 

” “Miss Baltimore Crabs” ” の文字通りの意味は「ミス・ボルチモア・カニ」です(笑)。

“crab” は「カニ」のことで、「ミス・ボルチモア・カニ」とは「ミス・ユニバース」「ミス・日本」などの、ミスコンテスト(以下、ミスコン)の1種です。

日本にも地域ごとに名産をアピールする「ミスりんご(青森)」「ミス椿(伊豆大島)」などがありますよね。

ボルチモアはチェサピーク湾に面しておりカニの名産地だそうですが、日本人にはピンとこないので「ミス・ボルチモア」としか訳されていないようです。

毎年カニフェスティバルをして、観光客の誘致のためミスコンとコラボしているそうですよ。

日本で例えるならば鳥取の名産「カニ」や「梨」のミスコンに出場し、優勝したといった感覚ですね。

 

チェサピーク湾 (Chesapeake Bay)は、アメリカ合衆国東海岸首都ワシントンD.C.の東にある湾である。ポトマック川やサスケハナ川などが流れ込み、南北に細長い。沿岸にはボルチモアやノーフォークなどの都市がある。東岸はデルマーバ半島である。面積は165,800㎢である。

殻ごと調理して食べられるブルークラブのソフトシェルクラブの名産地と、猟犬の一種であるチェサピーク・ベイ・レトリーバーの原産地として有名。デルマーバ半島のチェサピーク湾口にチェサピーク湾クレーターが存在する。

チェサピーク湾(wikipedia)

 

かみ砕くとこのようなことを意味しています。

 

・Miss Baltimore Crabs = ミス・ボルチモア・カニ = 外見的美しさで、頂点に立った女

 

これが文字通りの意味です。

 

 

文字に隠された裏の意味

ミス・ボルチモア・意地悪

 

しかし「はー、なるほど。ミス・ボルチモア・カニっていう意味だったのか!OK、了解。」と引き下がらないのが、この私。

強烈な偏見を持つ人間が歌う曲名が「ミス・ボルチモア・カニ」で良い訳がありません。

絶対に裏があるはずだ…と、 “crab” についてもう一度調べてみると、こんな意味があることが分かりました。

 

crab … 意地の悪い人、気難しい人、ぐちをこぼす、不平を言う

 

はい、はい、はい…欲しかったのはこういう情報!

“crab” には、カニ以外に「意地悪な人」「愚痴をこぼす人」という意味があるんですね。

つまり、ここで言っているのはこういうことです。

 

・Miss Baltimore Crab = ミス・ボルチモア・意地悪 = ボルチモアいちの意地悪な女

 

ミス・ボルチモア・カニにかけて「ボルチモアいちの意地悪を決めるミスコンがあったら、ヴェルマが頂点に立つよね」という、言葉遊びを楽しんでいるのです。

何せ “(The Legend Of) Miss Baltimore Crabs” は、オーディションに来た子達に意地の悪いことばかり言う曲ですからね。

あえて日本語で例えるなら、こんな感じの言葉遊びになっているということですよ。

 

・ミス・鳥取・洋ナシ

 

・ミス・鳥取・用無し

 

ミス・ボルチモア・尻軽女

 

ここまで調べて「あー、スッキリした!」と思っていた矢先、気になる意味を見つけてしまいました。

 

crab … ケジラミ

 

「ケジラミってなんだ?」と調べてみたところ、このような説明が…。

 

ケジラミ Pthirus pubis (Linnaeus, 1758) は、ヒトに寄生するシラミの1種ほぼ陰部にのみ生息する。形は左右に幅広く、カニにも似ている

(中略)寄生部位は陰毛の生えている部分にほぼ限定され、発達した爪で陰毛をしっかり掴んであまり移動はしない。

他者への感染は、おもに性行為だが、ホテルの寝具やバスタオル、温泉、プールなどから感染する

ケジラミ(wikipedia)

 

おぉ、なるほど…。

ケジラミには種類があるようですが、代表的なものは陰部に生息し、性行為により感染するそう。

ヴェルマは「ミス・ボルチモア・カニ」の座を得るために、審査員達とベッドインしていますから、こういった意味も含ませていたんですね。

完全にブラックジョーク!意味はこうなります。

 

・Miss Baltimore Crabs = ミス・ボルチモア・ケジラミ = ボルチモアいちの尻軽女(ビッチ)

 

いかがでしたか?

ヴェルマは「人一倍美しく、圧倒的に意地悪で、超絶尻軽だ」ということが、 “Miss Baltimore Crabs” というたった3単語に凝縮されているのです。

これが英語歌詞の面白いところ!

歌詞を読む時、シーンを楽しむ時は、是非裏の裏の意味まで想像しながら読んでみてくださいね。

 

曲のポイント

 

・ “Miss Baltimore Crabs” はトリプルミーニングになっている。

 

・1つ目はボルチモア名産の「カニ」のことで、ヴェルマが手にした美女の称号「ミス・ボルチモア・カニ」を意味する。

 

・2つ目は「意地悪」のことで、ヴェルマの偏った性格を意味する。

 

・3つ目は「尻軽女」のことで、ヴェルマが美の称号を得るために行った行為を意味する。

 


『ヘアスプレー』 解説・考察トップ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください