バストファージョーンズが大人物なのは、クラブの経営者だからだった

劇団四季ミュージカル『キャッツ(CATS)』より「バストファージョーンズ – 大人物?(Bustopher Jones)」の歌詞を見てみると、バストファージョーンズは「メンバーズクラブ」や「スポーツクラブ」に通っているとありますよね。

しかし…英語歌詞にはそのようなフレーズ、どこにもないんです!

英語歌詞で “club(クラブ)” という単語が登場するのは、バストファージョーンズがクラブを経営していることを歌っている部分で、それ故に大人物だと分かります。今回はそこを詳しく見ていきましょう。

Music from the Musical

・作品名:キャッツ(CATS)

・曲名:バストファージョーンズ ‐ 大人物?Bustopher Jones

・楽譜:Bustopher Jones

・訳詞:浅利慶太(作詞:Trevor Nunn & Richard Stilgoe)

アルバムを視聴する/楽譜を見る ・日本語:キャッツ
・英語:CATS
・楽譜:

 

※2020.2.25 追記:

この記事について、読者様より英語で有力な情報が入りました!どうやら “has eight or nine clubs” とは、バストファージョーンズが「8~9のクラブを経営する」のではなく、「8~9のクラブに所属している」という意味のようです。追って記事を変更させて頂きます。貴重な情報を有難うございました。

 

歌詞の比較

日本語

 

まず、劇団四季の歌詞で「クラブ」という単語が登場するのは次の2か所です。

 

行きつけは メンバーズクラブ
飾りたてた身なり

―劇団四季ミュージカル 『キャッツ』 より 「バストファージョーンズ – 大人物?」(訳詞:浅利慶太)

 

スポーツクラブに入ったよ
超一流のクラブ

―劇団四季ミュージカル 『キャッツ』 より 「バストファージョーンズ – 大人物?」(訳詞:浅利慶太)

 

しかし、いずれも英語歌詞の “club(クラブ)” にかけた日本語ならではの内容なんですね。

 

英語

 

英語歌詞で “club” が登場するのは次の2か所です。

 

He doesn’t haunt pubs – he has eight or nine clubs
For he’s the St. James’s Street Cat!

―ブロードウェイミュージカル “Cats” より “Bustopher Jones” (作詞:T.S. Eliot)

 

・doesn’t haunt pubs…パブには足しげく通わない

・has eight or nine clubs…8か9つのクラブを持っている

 

So, much in this way passes Bustopher’s day
At one club or another he’s found

―ブロードウェイミュージカル “Cats” より “Bustopher Jones” (作詞:T.S. Eliot)

 

・At one club or another…どこか1つのクラブか別のクラブで

・he’s found…彼を見つけることができる

 

バストファージョーンズは「パブには通っておらず、クラブを持っている。そしてクラブでよく見かける。」ことが分かりました。

①のクラブを持っているとは「クラブを経営している」という意味なのですが、クラブを経営していることはそんなに凄いことなのでしょうか?

 

“club(クラブ)” を経営するってそんなに凄いの?

 

日本では “pub(パブ)” と “club(クラブ)” の違いを深く意識していない方も多いかと思いますが、イギリスでは明確な違いがあります。

原作『キャッツ ポッサムおじさんの猫とつき合う法』には次のような説明書きがありました。

 

パブ:英国大衆にとって欠かせない社交の場。飲酒や食事のみならず、ダーツ、ビリヤードなどのゲームも楽しめる。正式には「パブリック・ハウス」といい、宿屋も兼ねるものが多い。

クラブ:階級性、閉鎖性のある集団組織とその会館のこと。上流階級や知識階級の社交の場として発展した。

―T.S.エリオット『キャッツ ポッサムおじさんの猫とつき合う法』(p.92~94)

 

つまり “pub(パブ)” は大衆居酒屋、 “club(クラブ)” は限られた人しか入ることの出来ない酒場(こじゃれたメンバーズクラブ)のことなんです。

ですから、ここでは「バストファージョーンズが大衆居酒屋に通うなんてもってのほか!彼は8~9つのクラブを経営している猫なんだから!」と、彼の上流階級ぶりを歌っていることになります。

限られた人しか入ることのできないメンバーズクラブには、政治家や芸能人などの有名人が出入りしているはず。そういったクラブを経営できる財力と知名度こそ、バストファージョーンズが大人物であることを示しています

劇団四季の歌詞には「行きつけはメンバーズクラブ」とありますが、実際は「行きつけ」なのではなく「メンバーズクラブを経営しているので、頻繁に顔を出している」という訳ですね。

 

そんな彼が経営するクラブですが、英語歌詞ではクラブについて1つずつ詳しく歌っています。どんなクラブがあるか知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

 

また、ちょこちょこクラブに顔を出した結果、彼がどうなってしまったのかは、この記事をご覧くださいね。

 

いかがでしたか?バストファージョーンズが大人物な理由、お分かりいただけたでしょうか?

バストファージョーンズが経営するクラブの会員になりたいものですね!

 

バストファージョーンズ – 大人物?(Bustopher Jones)」の、他の記事はこちらから。


『キャッツ』 解説・考察トップ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください