Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

実在する7つの地域と共に見る、グロールタイガーの死後と記念日

劇団四季ミュージカル『キャッツ(CATS)』より“Growltiger’s Last Stand(グロールタイガー – 海賊猫の最期)”の英語歌詞を見てみると、グロールタイガーの死後に起こった出来事が忠実に描かれています。

実在する場所と共に、それらの出来事を見ていきましょう。

【ブロードウェイミュージカル“Cats”/“Growltiger’s Last Stand”/作詞:T.S. Eliot * 劇団四季ミュージカル『キャッツ』/「グロールタイガー – 海賊猫の最期」/訳詞:浅利慶太】

実在する7つの地域

劇団四季版では地域について一切触れておらず、次のような歌詞になっています。

 

そのしらせがとどくと大歓声
岸辺でお祝い大パーティー
シャム猫本場のバンコック
旗をふって記念日つくられた
―劇団四季ミュージカル 『キャッツ』 より 「グロールタイガー – 海賊猫の最期」(訳詞:浅利慶太)

 

しかしながら英語版では次の赤文字部分の通り、実在する地域と共に、グロールタイガーの死後それぞれの地域でどんなことが起こったのかが歌われています。

 

Oh there was joy in Wapping when the news flew through the land
At Maidenhead and Henley there was dancing on the Strand
Rats were roasted whole at Brentford and Victoria Dock
And a day of celebrations was commanded in Bangkok
―ブロードウェイミュージカル “Cats” より “Growltiger’s Last Stand”(作詞:T.S. Eliot)

 

7つの地域とは次の通りです。

 

  1. Wapping…ワッピング
  2. Maidenhead…メイデンヘッド
  3. Henley…ヘンリー・オン・テムズ(恐らくこの場所であっていると思います)
  4. Strand…ストランド(ロンドン内)
  5. Brentford…ブレントフォード
  6. Victoria Dock…ビクトリア・ドック
  7. Bangkok…バンコク(タイの首都)

 

6つの地域は全てイギリス内にあります。Bangkokはタイの首都「バンコク」のことで、シャム猫軍の故郷と言って良いでしょう。

 

各地域で起きた出来事

グロールタイガーの死後、各地域ではどのような出来事が起きたのでしょうか?

 

Wapping

まずワッピングで起きた出来事については“there was joy in Wapping when the news flew through the land”と書かれています。“there was a joy”とあるので「歓喜があった」と分かりますね。どんな時に歓喜があったのかというと、それは“when”以降に書かれており、「そのニュースが土地を駆け巡った時」です。「そのニュース(the news)」とはもちろん、「グロールタイガーの死の知らせ」ですね。

劇団四季版では「そのしらせがとどくと大歓声」と訳されていますから、まさにその通りの意味合いだということが分かります。

ワッピングの位置は次の通りです。

 

MaidenheadとHenley

ワッピングでは歓喜があったということでしたが、その知らせ(the news/グロールタイガーの死)は“flew through the land(土地を駆け巡った)”とありました。どの規模で駆け巡ったかというと、メイデンヘッドやヘンリー・オン・テムズまで…ということですね。

この2つの地域はワッピングの遥か西に位置していますから、この知らせがどれだけ広い規模で知れ渡ったのかということが分かりますね。テムズ川の上流にありますよ。

 

 

Strand

ストランドはロンドン内の通りの名前だそうですが、“there was  dancing”とありますから踊りを踊っていたんですね。それほどの歓喜であったということです。

 

BrentfordとVictoria Dock

ブレントフォードとビクトリア・ドックでは“Rats were roasted whole”という出来事が起きています。“rat”とはドブネズミのことで、普通のねずみよりも大きなものです。これが“roasted(焼かれる)”、“whole(丸ごと)”ということですから、この2つの地域では「ドブネズミは丸焼きにされた」ということですね!猫たちにとっては立派なごちそうです。

そして見ての通り、ロンドンを中心として東西に位置するそれぞれの地域ですから、テムズ川の上流でも下流でも贅沢なごちそうを食べる程だったというわけです。

 

Bangkok

グロールタイガーがテムズ川経由で上陸すれば、恐れおののいていたイギリスの人たち。そんな宿敵グロールタイガーを見事に倒したシャム猫軍の母国では何が起こったのでしょうか?

“And a day of celebrations was commanded in Bangkok”とあり、“day of celebrations”とは「祝いの日」、つまり祝日です。祝日ができたということなんですよね!勝利を勝ち取った日に、バンコクではどんなお祝いをしているのか想像してしまいますよね。

 

ガスの本音

…と、ここまでが劇中劇である「グロールタイガー」のお話なのですが、その後場面はガスへと戻ります。そんな彼がこぼす言葉はこうです。

 

“These modern productions are all very well
But there’s nothing to equal, from what I hear tell
That moment of mystery when I made history…”
―ブロードウェイミュージカル “Cats” より “Growltiger’s Last Stand”(作詞:T.S. Eliot)

 

劇団四季版ではこう訳されています。

 

今の芝居もいいけれど
くらべものにはならないね
俺の時代は語り草
―劇団四季ミュージカル 『キャッツ』 より 「グロールタイガー – 海賊猫の最期」(訳詞:浅利慶太)

 

内容的にはほとんど変わりありませんが、せっかくなので見ていきましょう。

“modern production”とは「近年(最近)の舞台作品」のことです。“production(プロダクション)”とは「制作」を意味する単語ですが、そこから転じて舞台作品なども“production”と呼んでいます。日本語でも耳にする機会が多いのではないでしょうか?

では近年の舞台作品がどうなのかというと、“all very well”とあるので「どれもみな、とても素晴らしい」ということですね。劇団四季版からは「どれもみな、とても」というニュアンスが外されていますが、ガスは今の作品も評価をしているのです。

しかし、やはり昔ほどではないということが2行目から分かります。昔とはいつのことかというと“when I made history(わしが時代を築いた時)”ですね。

あぁ、ガスの舞台に対する強い想い、そしてグロールタイガーという彼の十八番…このナンバーからは役者の魂を感じさせられますね。

 

【フォロー大歓迎です!】

*twitter→LOVE performing arts (@performingart2)
*instagram→akikan(@love_performing_art2)

ブロードウェイ ホームページ

劇団四季 ホームページ

『キャッツ(CATS)』曲一覧



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

劇団四季/劇団四季ミュージカル CATS オリジナル・キャスト
価格:5138円(税込、送料無料) (2018/4/12時点)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください