70もの台詞を暗記していた?Gusの現役役者時代を知る

ミュージカル“CATS”よりGus:The Theatre Cat(ガス/劇場猫)の英語歌詞を見てみると、Gusがどんな役者だったかについて多く触れられています。今はおじいちゃん猫のGusですが、現役時代はどんな役者だったのでしょうか?

Gus:The Theatre Cat(ガス/劇場猫)の歌詞に、次のようなフレーズがあります:

I have played, in my time, every possible part
And I used to know seventy speeches by heart
I’d extemporize backchat
I knew how to gag
And I knew how to let the cat out of the bag
―ミュージカル “CATS” より “Gus:The Theatre Cat”

どんな役者だったか、1つずつ読み解いていきましょう:

  • used to know seventy speeches by heart…70もの台詞を暗記していた
    speechには「演説」や「スピーチ」という意味がありますが、Gusは役者なのでこの場合は「台詞」になりますね。)
  • extemporize backchat…口答えをアドリブした
    backchatは「口答え」という意味ですが、ニュアンス的には「台詞」や「会話」で良いでしょう。)
  • how to gag…ギャグの言い方
  • let the cat out of the bag…秘密を漏らす
    (これは1つのイディオムです。「バッグの中から猫が飛び出してしまう様子」から、「秘密を漏らす」という意味になりました。※ミュージカル“CATS”の英語歌詞の中には、他にもこのように“cat”という言葉に掛けた単語が沢山出てきます。他にも紹介していきますので、併せてご覧くださいね。)

つまり、Gusは気転が利いてユーモアに溢れる優秀な役者であることが分かりましたね。彼の優秀ぶりはまだまだ続きます。

With an hour of rehearsal
I never could fail
I’d a voice that would soften the hardest of hearts
Whether I took the lead or in character parts
―ミュージカル “CATS” より “Gus:The Theatre Cat”

ポイントをつかんで見ていきましょう:

  • never could fail…一度だって間違えなかった
  • voice that would soften the hardest of hearts…固い心臓をほぐすような声色
  • took the lead or in character parts…主役を張ったり脇役を演じたり

ここはGusが自分の自慢をしているシーン。今やおじいちゃんになってしまったけれど、こんなに沢山のことができる役者だったんですね。タイムスリップしてGusの舞台、観てみたいなぁ…

*良い記事だと思って下さった方、是非「いいね!」をお願い致します*
*facebookページへ参加して下さる方はこちらから→LOVE performing arts
*twitterをフォローして下さる方はこちらから→LOVE performing arts

⇒“Gus:The Theatre Cat” 動画集はこちら☆・’

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です