ロンドン警視庁も追う!?マキャヴィティーに悩まされた2つの機関

 

劇団四季ミュージカル『キャッツ(CATS)』より“Macavity: The Mystery Cat(マキャヴィティー/犯罪王)”の英語歌詞を見てみると、マキャヴィティに悩まされたイギリスの2つの機関について触れています。

さて、その2つの機関とはどこで、どんな風に悩まされたのでしょうか?

全体を読みやすくするため記事の構成を変更致しました。(2017.7.9)

Macavity: The Mystery Cat(マキャヴィティー/犯罪王)”の歌詞に、次のようなフレーズがあります。

 

He’s the bafflement of Scotland Yard
The Flying Squad‘s despair
―ミュージカル “CATS” より “Macavity: The Mystery Cat”

 

いかがですか?

マキャヴィティーは「ロンドン警視庁(Scotland Yard)の困惑の種」であり、「特別機動隊(Flying Squad)の絶望の種」であることが分かりましたね。

マキャヴィティーがどれほど「ロンドン警視庁(Scotland Yard)の困惑の種」であるかというのは、次のフレーズからも分かります。

 

And his footprints are not found in any files of Scotland Yard’s
―ミュージカル “CATS” より “Macavity: The Mystery Cat”

 

ここで歌われているのは「彼(マキャヴィティー)の足跡(痕跡)はロンドン警視庁の書類の中から見つけることは出来ない」ということ。つまり、「マキャヴィティーが犯人だろう」と特定は出来ても、証拠が一切ないということになります。

ロンドン警視庁も特別機動隊も、犯罪を取り締まる根幹中の根幹!

これらの機関をもってしても捕まらないなんて…よほどの存在ですね、マキャヴィティーは…

♪『キャッツ』の曲一覧はこちらから:キャッツ/英語歌詞を徹底分析!日本語で意味を理解しよう

⇒“Macavity: The Mystery Cat” 動画集はこちら☆・’

*良い記事だと思って下さった方、是非「いいね!」をお願い致します*
*facebookページへ参加して下さる方はこちらから→LOVE performing arts
*twitterをフォローして下さる方はこちらから→LOVE performing arts (@performingart2)

「なるほど!」と思ったらシェア♪

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です