ミストフェリーズ…その名前の由来と意味

劇団四季ミュージカル“CATS”の原作本『キャッツ ポッサムおじさんの猫とつき合う法』を読んでみるとミストフェリーズの名前の由来について書かれていました。

知ると「なるほど!」と納得できる手品師らしい彼の名前ですよ。

※全体を読みやすくするため記事の構成を変更致しました。(2017.6.29)

原作本を読んでみると、ミストフェリーズの名前の由来について説明されていました!

 

mistは、「もや」「かすみ」の意。

ゲーテの『ファウスト』に登場する悪魔、メフィストフェレスMephistophelesをもじったもの。
―T.S.エリオット『キャッツ ポッサムおじさんの猫とつき合う法』(p.74)

 

確かにmistは「霧」とか「もや」という意味がありますね。マジシャンのミストフェリーズは変幻自在の猫ですから、この名前の由来には納得です。

もう1つのMephistopheles(メフィストフェレス)は悪魔ということで、一瞬「?」と思う部分もありますが、悪魔というのも不気味に魅力的な存在ですから、そういう点では頷けるところがあります。

機会があったらJohann Wolfgang von Goethe(ヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテ)について調べてみたり、『Faust(ファウスト)』を読んで、Mephistopheles(メフィストフェレス)について調べてみようと思います。

※これらの詳細については次の記事を参考にして下さい。

 

*良い記事だと思って下さった方、是非「いいね!」をお願い致します*
*facebookページへ参加して下さる方はこちらから→LOVE performing arts
*twitterをフォローして下さる方はこちらから→LOVE performing arts

⇒“Mr. Mistoffelees” 動画集はこちら☆・’


「なるほど!」と思ったらシェア♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です