Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ラム・タム・タガーはどんな猫?猫たちが彼を呼ぶ5つの代名詞

劇団四季ミュージカル『キャッツ(CATS)』より“Rum Tum Tugger(ラム・タム・タガー – つっぱり猫)”の英語歌詞を見てみると、他の猫たちが様々な呼び方でタガーのことを説明しています。

タガーはどんな呼び方をされているのでしょうか?

【ブロードウェイミュージカル“Cats”/“Rum Tum Tugger”/作詞:T.S. Eliot * 劇団四季ミュージカル『キャッツ』/「ラム・タム・タガー – つっぱり猫」/訳詞:浅利慶太】

変わった猫

まず1つ目はこう呼ばれています

 

The Rum Tum Tugger is a curious cat
―ブロードウェイミュージカル “Cats” より “Rum Tum Tugger”(作詞:T.S. Eliot)

 

curious”には、

 

  • curious…好奇心旺盛、知りたがり、珍しい

 

という意味がありますが、ここでは、

 

  • curious…奇異な、変わった

 

というニュアンスの方が強いでしょう。なんせあまのじゃくですからね。

 

問題児

2つ目はこれです。

 

The Rum Tum Tugger is a terrible bore
―ブロードウェイミュージカル “Cats” より “Rum Tum Tugger”(作詞:T.S. Eliot)

 

terrible bore”というのは直訳すると、

 

 

という意味ですが、転じて「問題児」と解釈して良さそうです。

 

変わったやっかい者

3つ目は、“curious beast”です。

 

The Rum Tum Tugger is a curious beast
―ブロードウェイミュージカル “Cats” より “Rum Tum Tugger”(作詞:T.S. Eliot)

 

“curious”とは先ほども説明した通り、「奇異な、変わった」という意味です。それに加えて

 

 

ですから、ここでは「いやな奴、不愉快な人、やっかいなもの」と解釈したのがスムーズでしょう。

 

 

ずるくて賢い

4つ目はどうでしょうか?

 

The Rum Tum Tugger is artful and knowing
―ブロードウェイミュージカル “Cats” より “Rum Tum Tugger”(作詞:T.S. Eliot)

 

少し馴染みのない単語が続きますね。それぞれこういう意味になります。

 

  • artful…ずるい、巧妙
  • knowing…もの知りの、聡明な、鋭い、洞察力のある

 

確かに、タガーって、あまのじゃくでわがままですけど、結局頭を使っているんですよね。ある意味知能犯!?つまり、ここでは「ずるがしこい」ということを歌っています。

 

抱擁に無関心

ここで最後の5つ目です。

 

The Rum Tum Tugger doesn’t care for a cuddle
―ブロードウェイミュージカル “Cats” より “Rum Tum Tugger”(作詞:T.S. Eliot)

 

cuddle”とは聞きなれない単語ですが、

 

  • cuddle…抱きしめる、抱擁

 

という意味です。“doesn’t care for(気にしない)”とありますから、直訳すれば「抱擁に関心がない」。つまり、「愛情に無関心」とか「かわいいといって構って欲しくはない」というニュアンスになります。

ツンツンな感じのタガーを想像して頂けたのではないでしょうか?

何故、タガーがこんな風に呼ばれているかと言えば、それはれっきとした理由があるから!詳しく知りたい方は、次の記事をご覧くださいね。

 


あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください