Out There/英語歌詞を徹底分析!

劇団四季ミュージカル『ノートルダムの鐘(The Hunchback of Notre Dame)』より“Out There(陽ざしの中へ)”の英語歌詞を「日本語で理解できたら良いのに…」と感じている、そこのあなた!

当サイトでは、そんなあなたのために英語歌詞を徹底分析致しました。日本語歌詞では訳しきれていない内容や、言い換えられている点など、あらゆる視点で細かく丁寧に紹介しております。

上から順に見ていく必要はありません!気になる記事からお好きな順番で見ていって下さいね♪

【ミュージカル“The Hunchback of Notre Dame”/“Out There”/作詞:Stephen Schwartz * 劇団四季ミュージカル『ノートルダムの鐘』/「陽ざしの中へ」/訳詞:高橋知伽江】

 

解説・考察

 

英語歌詞を1曲ずつ丁寧に分析・解説・考察しています。気になる記事をクリックして、歌詞の奥深さを知りましょう!

 

劇団四季版で“Out There”が「陽ざしの中へ」と訳された理由

Out There①フロローの考え方の本質が見え透く歌詞の数々

Out There②フロローの考え方の本質が見え透く歌詞の数々

Out There③フロローの考え方の本質が見え透く歌詞の数々

劇団四季版の「陽ざしの中へ」では歌われていないカジモドの気持ち①

劇団四季版の「陽ざしの中へ」では歌われていないカジモドの気持ち②

劇団四季版の「陽ざしの中へ」では歌われていないカジモドの気持ち③

劇団四季版の「陽ざしの中へ」では歌われていないカジモドの気持ち④

 

次の動画は、5th Avenue Theaterで公演された『ノートルダムの鐘』で、耳の不自由な役者がカジモドを演じています。役者は手話で演技をし、ガーゴイルの1人がカジモドの代わりに歌を歌っています。手話でしか伝わらないこと、そして手話でしか得られない感動がここにありますね。

 

その他、ミュージカル『ノートルダムの鐘』についてはこちらの記事をご覧ください。


『ノートルダムの鐘』 解説・考察トップ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください